コンピュータがプロ棋士に勝つ【第2回将棋電王戦第2局】佐藤慎一四段 VS ponanza




(この文章は2013年3月31日に書いたものです)

コンピュータが初めて、プロ棋士に勝った。

第2回電王戦第2局の佐藤慎一四段 VS pnanza(ポナンザ)の対局は、いったいどんな内容だったのか?

そのことを説明するために、前回の阿部光留四段VS習甦(しゅうそ)の対局と比較してみたい。

コンピュータの最大の強みは、ミスがほとんどないことである。

とくに終盤、お互いに攻め合って王様を詰ましにいくギリギリの戦いでは、コンピュータが圧倒的に有利だと言われている。

よって、コンピュータに勝つには、戦いが始まる前の序盤で有利な形を築いて、そのまま逃げ切る、という作戦が有効だと思われる。

第1局の阿部光留四段は、まさにそのような戦い方をした。

自分の得意な戦型(角換わり)に持ち込み、端で位を取るなど序盤で少しずつポイントを稼ぎ、コンピュータに終盤の力を出させないまま、勝ちきった。

しかし第2局の佐藤慎一四段 VS ponanzaの対局は、そうはならなかった。

佐藤四段が後手番だったということもあるが、ponanzaに力戦型に持ち込まれた。

力線型とは、定跡(過去の対局から学ぶことができる手順)から外れた戦い方であり、未知の局面が続くので、その場で一手一手、膨大な選択肢の中から応手を考えなければならない。

さらに中盤から終盤にかけて激しく駒がぶつかる熱戦になり、この戦い方はコンピュータが一番得意とするものであり、1秒間に4万5千手読めると言われているponanzaが制した。

141手にも及ぶ対局は、スリリングで、最後までどちらが勝つか分からなかった。

コンピュータに初めて負けたプロ棋士として、佐藤慎一四段は記録に残るかもしれない。

だがしかし、この対局を手に汗を握りながら観ていた多くの人たちにとっては、コンピュータに正面から真っ向勝負を挑んだ最高に熱くてかっこいいプロ棋士として、記憶に残るだろう。

 

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

将棋倶楽部24で下がってしまったレートを上げる方法【棋力・上げ方】はコチラ

森博嗣氏の名言「笑いたまえ。いくら努力しても…」はコチラ

森博嗣氏の名言「こんなに頑張っているのに、どうして…」はコチラ!

世にも奇妙な物語『AIRドクター』が面白い【名作・傑作・コメディ】はコチラ

『生徒理論』~将棋や野球の能力を上達をする方法~はコチラ

『家庭教師理論』~短期間でTOEICの点数を200点上げる方法~はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です