藤井聡太七段VS斎藤慎太郎王座 第4期叡王戦本戦【結果・速報・感想】




第4期叡王戦の本戦トーナメントの対局、斎藤慎太郎王座VS藤井聡太七段 戦が、本日(11月23日)行われました。

本戦トーナメントの1回戦でしたが、決勝戦でもおかしくない好カードでしたね。

 

両者は今年の7月に王座戦挑戦者決定トーナメントの準決勝で初対戦があり、斎藤王座が勝っています。

 

斎藤王座は予選で窪田義行七段、畠山鎮七段、戸辺誠七段に勝ち、本戦出場を決めました。

藤井七段は予選で木下浩一七段、小林裕士七段、千葉幸生七段に勝ち、本戦出場を決めています。

振り駒で、先手は斎藤慎太郎王座になりました。

 

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

斎藤慎太郎王座について【イケメン・次戦の藤井聡太七段の対戦相手】はコチラ

将棋の先手後手はどちらが有利なのか

プロ棋士の先手番勝率は毎年52%前後ぐらいなので、勝率的には先手と後手でそれほど差は出ていません。

ただ、これは持ち時間の短い将棋や、棋力差のある対戦相手との結果もすべて含まれたデータです。

棋力差が同じ程度で、持ち時間が比較的長めの戦いでは、やはり先手番が有利な面が多いと思います。

というのも、先手のほうが1手先に指せるので、先手が攻め、後手が守り、になる展開が多いんですね。

タイトル戦の先手番と後手番を交互に指すのを、テニスのサーブとレシーブに例えられることがありますが、まさにそんな感じですね。

そして、守る側は一手間違えただけで一気に不利になるので、神経を使うし考える時間も多く使う傾向が多いです。そして本局も、まさにそういう展開になりました。

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

本局の戦型は角換わり・▲4八金、△6二金型

戦型は角換わり・▲4八金、△六二金型という、今プロ間で一番流行っている戦法になりました。

34手目藤井聡太七段の△6五歩

この手は本局の最初のポイントになりました。

ここは△8一飛と引いて守るのがよくある進行なのですが、藤井さんが少し欲張った手なんですね。

すかさず斉藤王座が許さんと、攻めを開始します。

▲3五歩、△3五同歩と突き捨てたあとに、

37手目斉藤王座▲4五桂

このあと、藤井さんも必死に守りますが、苦しい時間が続きます。

ずっと斉藤王座の攻めのターンが続いて、一気に勝勢へ。

 

解説の阿久津主税八段が「自分なら投了する」と言った81手目の局面が以下の図です。

藤井さんの王様が包囲されていて、必敗の局面です。

 

劣勢の局面から藤井聡太七段の必死の粘り

 

しかしここから、藤井マジックが炸裂しました。

 

82手目△8一飛

 

さらに、

92手目△3二飛

 

必死の粘りで、流れを変えていきます。

110手目△7六桂

 

まだ斉藤王座が有利ですが、少しでも間違えたら負けてしまうギリギリの展開が続きます。

このあたりの局面は、対局を観ていた観戦者は盛り上がりまくってましたね。

マラソンで例えるなら、何キロも離したはずの後続の選手が、最後の競技場で気付いたらすぐ後ろにきている、みたいな感じでした。

まさに手に汗握る攻防が続きます。

しかし斎藤王座も間違えません。

最後は正確に受けて、135手目▲2一飛で、藤井聡太七段投了。

これで二人の対戦成績は、斉藤王座の2連勝となりました。

ただ、藤井聡太七段は負けてしまいましたが、終盤力の凄さを存分に見せていましたね。

今までは2局とも斎藤王座が先手番だったので、今度は藤井さんの先手で、2人の対局が観てみたいです。

こんなにハラハラする対局を観たのは久しぶりなので、楽しかったです!!

 

 

藤井聡太七段【史上最速百勝達成】の伝説の一手~必至を解除する男~はコチラ

プロ棋士通算対局数ランキングまとめ(羽生善治竜王が通算2000局達成!)はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

『3月のライオン』で号泣しまくり【名言・格言】はコチラ

羽生善治竜王の名言「問題点が見つかれば解決策が考えられる」はコチラ

将棋倶楽部24で下がってしまったレートを上げる方法【棋力・上げ方】はコチラ

林修先生の絶対に使ってはいけない言葉まとめ【名言・格言】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です