藤井聡太七段が稲葉陽八段に勝利!第12回朝日杯本戦トーナメント1回戦【速報・結果】




第12回朝日杯本戦トーナメント1回戦は藤井聡太七段が、稲葉陽八段を98手で破りました。

これで藤井聡太七段は、七連勝になります!また順調に連勝を伸ばしていますね。

次戦は、佐藤天彦名人VS糸谷哲郎八段の勝者となった、糸谷哲郎八段と、本日(1月20日)の14時から対局予定です。

藤井聡太七段が糸谷哲郎八段に勝利!第12回朝日杯本戦トーナメント2回戦【速報・結果】はコチラ

藤井聡太七段が朝日杯決勝進出!準決勝で行方尚史八段に勝利【結果・速報】

稲葉陽八段はA級棋士で名人に挑戦した経験もあり

対戦相手の稲葉八段は、プロ棋士の中で十人しかなれないA級に在籍していて、さらに名人のタイトルに挑戦したこともある実力者です。

藤井聡太七段は、去年のNHK杯で、稲葉陽八段に負けてるんですね。そのときのリベンジを果たしました。

朝日杯トーナメントについて【賞金・持ち時間】

優勝賞金は750万円です。

トーナメント方式で戦っていき、持ち時間は各40分(チェスクロック使用)、持ち時間が切れたら1分以内に指さないといけません。

去年(第11回)の朝日杯トーナとメントは藤井聡太さんが優勝。歴代優勝者

 

年度 優勝者
2007 行方尚史
2008 阿久津主税
2009 羽生善治
2010 木村一基
2011 羽生善治
2012 渡辺 明
2013 羽生善治
2014 羽生善治
2015 羽生善治
2016 八代弥
2017 藤井聡太

 

去年の朝日杯トーナメントでは、藤井聡太五段が準々決勝で佐藤天彦名人に勝ち、準決勝で羽生善治竜王に勝ち、決勝戦で広瀬章人八段に勝ち、優勝を決めました。
(段位は昨年のもの)

藤井さんは全棋士参加棋戦で優勝したため、この日に五段から六段に昇段しました。

過去朝日杯では、羽生善治九段が2013年~2015年の3連覇の優勝があります。

それにしても羽生さんの優勝回数が半端ないですね。

今回藤井聡太七段が優勝すれば、羽生善治九段に続く二人目の連覇となります。

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

藤井聡太七段の研究手「7四角」が炸裂

本日の対局は藤井聡太七段が後手になり、角換わりになりました。

途中、藤井聡太七段の相手の香車を狙う「7四角」という研究手が炸裂し、藤井さんが有利に対局を進めそのまま攻め切って勝利しました。

次戦の対戦相手糸谷哲郎八段について「怪物くん」の異名を持つエピソード

糸谷哲郎八段は現在A級所属で、竜王のタイトルを獲ったこともあるトップ棋士の一人です。

藤井聡太七段と糸谷哲郎八段は過去に一局対局があり、そのときは藤井さんが勝っています。

糸谷哲郎八段デビュー当時に橋本崇載八段に「強すぎる…怪物だ…」と言われて、「怪物くん」という異名を持つようになりました。

特に早指し早見えに定評があり、朝日杯のような持ち時間の短い対局では、糸谷ワールドが楽しめますね。

藤井聡太七段と糸谷哲郎八段の以前の対局は「天才VS 怪物くん」という、漫画のようなタイトルでニュースで話題になっていたのですが、今回はどちらが勝つのか楽しみですね!

 

・糸谷哲郎八段のデビュー時の名言は↓から

68期王将戦挑戦者決定戦は渡辺明棋王と糸谷哲郎八段のプレーオフに【日程】 

将棋関連記事まとめ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

藤井聡太七段VS斎藤慎太郎王座 第4期叡王戦本戦【結果・速報・感想】はコチラ

プロ棋士通算対局数ランキングまとめ(羽生善治竜王が通算2000局達成!)はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

竜王戦について【将棋・日程・賞金・持ち時間・永世竜王】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です