藤井聡太七段が村田智弘六段に勝利【第32期竜王戦4組ランキング戦・結果・速報】




藤井聡太七段VS村田智弘六段の第32期竜王戦4組ランキング戦の対局は、126手で藤井聡太七段が勝利しました。

これで藤井聡太七段は公式戦は九連勝になりました!

竜王戦トーナメントの藤井聡太七段の次局は、畠山成幸八段VS阪口悟六段の勝者との対局になります。

 

本局は珍しい立ち上がりに

▲3六飛と早めに寄る展開は最近では珍しく、公式戦でこの局面になったのは、1997年以来とのことです

さらに藤井さんの△8四飛で、前例のない局面になりました。

昼食休憩の局面と昼食の注文

昼食は

藤井聡太七段は「和牛プレミアムハンバーグ弁当」

村田智弘六段は「ステーキ弁当」

を注文しました。

仕掛けの場面

59手目▲8四歩で村田智弘六段が仕掛けていきます。

この局面の形勢はほぼ互角ぐらいです。

藤井聡太七段の玉が固いので、やや藤井さんが指しやすいでしょうか。

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

藤井聡太七段が有利を拡大


78手目△6六銀の局面。

ここでは藤井聡太七段がかなり優勢に。あとはどう寄せていくか。

投了図の局面

藤井聡太七段が落ち着いて寄せていき、124手△4六馬で、村田智弘六段が投了。

それにしても、先日の朝日杯の糸谷哲郎八段戦と稲葉陽八段戦もそうでしたが、最近の藤井さんは危なげなく勝っている印象ですね。

ピンチにすらならない強さで、対局者を圧倒しています!

 

過去2年の藤井聡太七段の竜王戦結果


藤井聡太さんは、過去二年とも予選トーナメントは突破し、竜王戦の決勝トーナメントに進出しています。

2017年は竜王戦の決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(当時)に負け。

この対局で、藤井聡太七段の伝説の連勝が29連勝でストップしました。

2018年は竜王戦の決勝トーナメント2回戦で増田康宏六段に負け。

佐々木勇気さんも増田康宏さんも、二人とも若き天才と呼ばれる方たちですね。

2019年の竜王戦は、藤井聡太七段がどこまで勝ち上がるかに注目が集まります!

 

藤井聡太七段の関連記事まとめはコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

藤井聡太七段が朝日杯連覇優勝!決勝で渡辺明棋王に勝利【結果・速報】はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

藤井聡太七段VS斎藤慎太郎王座 第4期叡王戦本戦【結果・速報・感想】はコチラ

藤井聡太七段の2018年の成績・結果まとめ【現在・負けた対局・勝率】はコチラ

藤井聡太七段が糸谷哲郎八段に勝利!第12回朝日杯本戦トーナメント2回戦【速報・結果】はコチラ

藤井聡太七段が稲葉陽八段に勝利!第12回朝日杯本戦トーナメント1回戦【速報・結果】はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です