藤井聡太七段が中村亮介六段に勝利【第45期棋王戦予戦・結果・速報】




藤井聡太七段VS中村亮介六段の第45期棋王戦予戦の対局は、82手で藤井聡太七段が勝利しました。

これで藤井聡太七段は公式戦は十連勝になりました!

棋王戦予戦トーナメントの藤井聡太七段の次局は、大石直嗣七段VS(平藤眞吾七段VS牧野光則五段の勝者)の、勝者との対局になります。

 

藤井聡太七段が朝日杯連覇優勝!決勝で渡辺明棋王に勝利【結果・速報】はコチラ

藤井聡太七段が村田智弘六段に勝利【第32期竜王戦4組ランキング戦・結果・速報】はコチラ

藤井聡太七段が近藤誠也五段に敗れる!順位戦C級1組【結果・速報】はコチラ

対局相手の中村亮介六段はドレッドヘアで登場

中村亮介六段がドレッドヘアで登場したので驚きましたね!

対局後に、記者から髪型のことを突っ込まれると、「伸びてきたので成り行きで…」とのことでした。

やっぱりプロ棋士の方は、個性的な方が多いですね!

藤井聡太七段VS中村亮介六段の戦型は四間飛車VS対抗型に

藤井聡太七段が26手目△6四銀で攻めの態勢を作る。

 

藤井聡太七段が攻めて優勢に

 

飛車を逃げずに△4五歩が決め手

79手目の▲4六桂の局面。

ここで飛車を逃げると▲3四桂馬と跳ねてきて、結構怖いですね。

飛車を逃げずに△4五歩が決め手になりました。

投了図

その後、▲5四桂と飛車を取った手に、藤井聡太七段の△2九飛で、中村亮介六段が投了。

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

藤井聡太七段は年間勝率歴代更新に期待がかかる

本日(1月30日)時点の藤井聡太七段の(2018年4月~2019年1月)の勝率は、37勝6敗で、勝率(約0.8605)です。

今までの歴代年度最高勝率は、中原誠十六世名人が1967年度に達成した勝率0.8545(47勝8敗)です!

このままいくと、藤井さんが3月末まで全勝か、1敗で乗り切れば、年度最高勝率の更新になりそうです!

2月は朝日杯の準決勝・決勝も控えてますし、これから強敵との対局が待っていますが、藤井さんならやってくれる気がしますね!!

 

藤井聡太七段の関連記事まとめはコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

藤井聡太七段VS斎藤慎太郎王座 第4期叡王戦本戦【結果・速報・感想】はコチラ

藤井聡太七段の2018年の成績・結果まとめ【現在・負けた対局・勝率】はコチラ

藤井聡太七段が糸谷哲郎八段に勝利!第12回朝日杯本戦トーナメント2回戦【速報・結果】はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です