藤井聡太七段が久保利明九段に敗れる!歴代最高勝率の更新ならず!【第90期ヒューリック杯棋聖戦・結果・速報】




第90期ヒューリック杯棋聖戦は久保利明九段が127手で藤井聡太七段に勝利しました!

藤井聡太七段は、残念ながら歴代年間最高勝率の51年ぶりの更新はなりませんでした。
 

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

戦型は四間飛車

 

藤井聡太七段の△1二香で、昼食休憩

ここで▲2五桂馬からの攻めもあったみたいですね。

本日の昼食【うな重とうな丼の違いはうなぎの量】

藤井聡太七段:バターライス(マッシュルーム抜き)

久保利明九段:サービスランチ(ハンバーグ&エビフライ)弁当

解説:増田康宏六段:うな重(梅)

聞き手:塚田恵梨花女流一級:うな丼

デパルマ三世
うな重とうな丼の違いは、店によって違いますが基本的にはうなぎの量が違うみたいですね。うな重のほうがうな丼よりうなぎが多いです。

 

プロ棋士通算対局数ランキングまとめ(羽生善治竜王が通算2000局達成!)はコチラ

藤井聡太七段が穴熊に入る前に久保利明九段が仕掛ける!

 


昼食休憩明けに、久保利明九段が▲5五歩で仕掛ける

 

ねほりんぱほりん「将棋の奨励会で夢破れた男たちの人生」の感想!はコチラ

本日のハイライトは感想戦でも話していた△9四歩の局面


ここで▲7四飛、△9五歩、▲7六飛は見えますが、それだと先手不利。

 

(変化図:7六飛までの局面)

しかし…

久保利明九段の妙手▲6三飛成

藤井聡太七段もうっかりしていたというこの手。藤井さんは▲6三飛成以降自信がなかったそうです。

 

先ほどの手順と違い、今度藤井さんが飛車が逃げると▲7六龍と、龍のまま銀が取れるんですね。

一手で7四飛といけるところを、6三飛成→7四龍、と二手かけていくというパズルのような妙手でした!!

 

▲7四龍で飛車銀両取りが決まる

藤井さんがどうするか思いきや、

「両取り逃げるべからず!」の△4五歩。

 

△2八角の時点で形勢互角だが、やや藤井聡太七段が指しやすいか

その後激しい攻防が続きましたが、藤井さんがだいぶ盛り返して△2八角の局面では藤井聡太七段が指しやすいのでは、と解説の増田康宏六段。

 

将棋のPV動画かっこいいものまとめ【泣ける・電王戦・羽生・ニコニコ】はコチラ

101手目の局面では、藤井聡太七段が優勢のようでしたが

このあとの攻めがどうだったか…。

投了図

127手で藤井聡太七段の投了。

51年振りの年間最高勝率の更新はなりませんでしたが、記録に迫る勝率を出してる時点で凄いですよね!

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

藤井聡太七段の関連記事まとめ

藤井聡太七段の2018年の成績・結果まとめ【現在・負けた対局・勝率】はコチラ

藤井聡太七段【史上最速百勝達成】の伝説の一手~必至を解除する男~はコチラ

藤井聡太七段のボブルヘッドが限定発売されました!【価格・数量・購入できる場所】はコチラ

藤井聡太七段が倒さなければならない7人まとめ【将棋界の王下七武海】はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

藤井聡太七段が朝日杯連覇優勝!決勝で渡辺明棋王に勝利【結果・速報】はコチラ

藤井聡太七段が杉本昌隆八段に弟子入りを申し込んだときに注意されたことはコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です