名人戦第1局指し直し局は豊島将之二冠が佐藤天彦名人に勝利!【結果・速報・第77期】




第77期名人戦第1局指し直し局は豊島将之二冠が73手で佐藤天彦名人に勝利しました!

次戦名人戦第2局は、4月22・23日(月・火)に、再び豊島将之二冠の先手番ですね!

本日の対局の結果、二人の通算対戦成績は豊島将之12勝VS佐藤天彦名人6勝になりました。

 

藤井聡太七段が升田幸三賞受賞!最優秀棋士賞は豊島将之二冠【2018年将棋大賞・結果・速報・46回】はコチラ

昨日千日手になったため、名人戦第1局は先手番後手番の指し直し対局に

指し直し局の佐藤天彦名人の残り持ち時間は4時間5分、豊島将之二冠の残り持ち時間は5時間59分でした。

第77期名人戦第1局の佐藤天彦名人対豊島将之二冠は千日手に!【結果・速報】はコチラ

 

指し直し局の戦型は横歩取り青野流になりました・横歩取りの激減した理由

この横歩取り青野流という戦法がかなり有力で先手番勝率が高いので、後手番で横歩取りを指したがる人が減りました。

そのため、プロもアマチュアも横歩取りの対局はここ数年で激減しました。

デパルマ三世
僕も先手番で横歩取り青野流を指すのが好きだったんですけど、横歩取りを受けてもらえなくなってほとんど指せなくなりましたね

 

豊島将之二冠が名人戦挑戦者に!第77期順位戦A級最終局【結果・速報】はコチラ

豊島将之二冠▲8八歩で前例を離れる

「この手が豊島将之二冠の研究ということですね」と解説の増田康宏六段。

横歩取り青野流は、激しい展開になりやすいですが本局も飛車と角を交換する激しい中盤戦になりました。

 

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

△2六歩

「この手のあとは後手がはっきり悪くなりましたね。3五歩ならば違った展開になったのでは…」と解説の増田康宏六段。

 

藤井聡太七段が中田宏樹八段に大逆転勝ち!【結果・速報・年間勝率・成績・第32期竜王戦】はコチラ

△4四歩

感想戦で佐藤天彦名人はこの手を悔やんでましたね。

 

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

かっこいい決め手▲5五銀

銀のただ捨てで角の位置をずらします!

 

投了図▲8一飛まで

73手で佐藤天彦名人が投了しました。

次戦名人戦第2局は、4月22・23日(月・火)に対局が行われます!


将棋関連記事

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

将棋盤オススメまとめ【どこで買える・サイズ・折りたたみ・高級・子供】はコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

将棋倶楽部24で下がってしまったレートを上げる方法【棋力・上げ方】はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

ねほりんぱほりん「将棋の奨励会で夢破れた男たちの人生」の感想!はコチラ

羽生善治九段が郷田真隆九段に勝ちNHK杯優勝!【結果・速報・将棋・NHK杯決勝】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です