羽生善治九段が歴代最多勝利記録達成!谷川浩司九段に勝利【結果・速報・王位リーグ】




羽生善治九段が谷川浩司九段に94手で勝ち、通算勝利数1433勝となり、大山康晴十五世名人と並び最多勝利数の歴代タイ記録を達成しました!

羽生さんはあと1勝すれば、通算勝利数単独1位になります!

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

将棋プロ棋士の通算勝利数歴代ランキングトップ5(羽生さんはあと1勝で単独1位に・通算1433勝)

通算勝利数歴代ランキング

1位 大山康晴十五世名人  2216局 1433勝・781敗・2持将棋 (勝率0.647)

1位 羽生善治九段    2025局 1433勝・590敗・2持将棋 (勝率0.708)

3位 加藤一二三九段   2505局 1324勝・1180敗・1持将棋 (勝率0.529)

4位 谷川浩司九段        2166局 1317勝・846敗・3持将棋 (勝率0.608)

5位 中原誠十六世名人  2093局 1308勝・782敗・3持将棋 (勝率0.626)

デパルマ三世
羽生善治九段は勝利数も凄いですが、勝率が7割を超えているのがとんでもないです!

 

トップ棋士になればなるほど、対戦相手も強くなってくるので、その状態で高い勝率を維持するのは並大抵のことではありません。

次回は羽生善治九段は木村一基九段と5月30日(木)に竜王戦1組出場者決定戦の対局があります。

この対局で羽生さんが勝てば、勝利数の単独首位になります。

また、この手のランキングでいつも上位に入っている加藤一二三九段はやっぱり偉大ですね~!

 

プロ棋士通算対局数ランキングまとめ(羽生善治竜王が通算2000局達成!)はコチラ

王位リーグ白組は羽生善治九段と永瀬拓矢叡王が4勝1敗で並んでプレーオフに

王位リーグ白組は4勝1敗で並んだ羽生善治九段と永瀬拓矢叡王がプレーオフで対局し、勝ったほうが挑戦者決定戦に進出します。

 

王位リーグ紅組は木村一基九段と菅井竜也九段が4勝1敗で並んでプレーオフに【対局日程は6月4日(火)】

王位リーグ紅組は4勝1敗で並んだ木村一基九段と菅井竜也九段がプレーオフで対局し、勝ったほうが挑戦者決定戦に進出します。

白組も紅組も両方プレーオフになるのは熱い展開ですね!

羽生善治九段VS永瀬拓矢叡王と、木村一基九段VS菅井竜也九段のプレーオフ対局はどちらも6月4日(火)に行われます!

 

将棋盤オススメまとめ【どこで買える・サイズ・折りたたみ・高級・子供】はコチラ

本日の戦型は、片矢倉(谷川浩司九段)VS雁木(羽生善治九段)

本日の戦型は、片矢倉VS雁木になりました。

 

互角で難解な中盤戦が続きます

しばらく谷川浩司九段が有利の局面が続いていましたが、ここまで進むとほぼ互角の難解な形勢になっていきます。

 

羽生善治氏の名言「自分の得意な形にこだわらない」【将棋上達法】はコチラ

羽生善治九段の△2九角

△2九角の対応が難しいか。

ここで▲8八玉と早逃げする手を読んでいたソフトもあったようです。

そうすると、どういった展開になったのか観てみたかったですね。

 

投了図△2三玉まで

94手で谷川浩司九段が投了しました。

デパルマ三世
羽生善治九段が今後どこまで勝利数を増やすのか楽しみですね!

 


おすすめ記事まとめ

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

藤井聡太七段のおすすめ記事まとめ【2019年現在の対局結果・通算成績・記録・伝説の手】はコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

将棋倶楽部24のレートを上げるのにおススメの本『羽生善治の終盤術』はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です