藤井聡太七段が東和男八段と伊奈祐介六段に勝利!(本日の結果・対局速報・成績・将棋・棋聖戦)




本日6月11日に行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦一次予選で、藤井聡太七段が東和男八段と伊奈祐介六段に勝利しました!

藤井七段の2019年6月11日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  8勝2敗 勝率0.8
(2019年6月11日時点)

通算成績:124勝22敗(対局数146局)勝率0.849

デパルマ三世
今年も勝率8割に戻しました!相変わらず聡ちゃん強すぎ~!

藤井聡太七段のヒューリック杯棋聖戦一次予選決勝の対戦相手【次の対局予定】

藤井聡太七段は、平藤眞吾七段VS竹内雄悟五段の勝者と対局予定です。

勝てば、二次予選に進出できます!

ヒューリック杯棋聖戦一次予選の持ち時間は一時間。同じ日に二局対局がありました

持ち時間が一時間と短いので、スピーディな展開でしたね!

一局目、東和男八段(先手)VS藤井聡太七段(後手) 戦型は相居飛車の力戦型(菊水矢倉)

東和男八段の囲いは、玉が8九、銀が8八にいる、「菊水矢倉」という囲い方ですね!

上部からの攻めに強く、横からの攻めにはやや弱いという特徴があります。

藤井聡太七段VS東和男八段の投了図

108手で東和男八段が投了しました。

二局目、藤井聡太七段(先手)VS伊奈祐介六段(後手)の戦型も相居飛車の力戦型


一局目東和男八段との対局に続いて本局も、相居飛車の力戦型に。

 

藤井聡太七段が仕掛ける・33手目▲4五歩

 

伊奈祐介六段の王手飛車取り・プロ棋士の対局では王手飛車をかけたほうが優勢とは限らない!

プロの対局では、王手飛車をかけても勝てません。

お互い分かっていて、わざと王手飛車をかけられているからです。

なので、プロ棋士の対局では王手飛車をかけたほうよりも、かけられたほうが優勢な場合も多いです。(毎回ではないですが)

本局も、藤井聡太七段は飛車を取られる一手の間を利用して、相手玉を寄せようとしています。

 

藤井聡太七段の飛車は取られましたが…

さあ、この局面で伊奈祐介六段の玉を寄せられるかどうかです。

 

76手目の局面から手数は長いですが即詰みがあります


▲4二馬から、手数は長いですが即詰みがあります。

 

藤井聡太七段VS伊奈祐介六段の投了図


95手目で伊奈祐介六段が投了しました。

勝った藤井聡太七段は棋聖戦一次予選の決勝で、平藤眞吾七段と竹内雄悟五段の勝者と対局予定です!


おすすめ関連記事まとめ

【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】

将棋盤オススメまとめ【どこで買える・サイズ・折りたたみ・高級・子供】はコチラ

将棋倶楽部24で下がってしまったレートを上げる方法【棋力・上げ方】はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です