藤井聡太七段が阿久津主税八段に勝利!【本日の結果・対局速報・将棋・第26回銀河戦】




今日(6月25日)放送された第26回銀河戦Eブロックの10回戦で、藤井聡太七段が阿久津主税八段に105手で勝利しました!

藤井聡太七段の2019年6月25日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  11勝2敗 勝率0.846
(2019年6月25日時点)

通算成績:127勝22敗(対局数149局)勝率0.852

デパルマ三世
聡ちゃん強すぎ~!



銀河戦の持ち時間は15分と考慮時間10回・早指し

銀河線の持ち時間は各15分で、切れたら1手30秒となります。

ただし15分の持ち時間が切れてからも、1分単位で合計10回の考慮時間があります。

デパルマ三世
よって、合計25分の持ち時間があるイメージですね!

プロの将棋だとこの持ち時間はかなりの早指しになります。

銀河戦の仕組み・決勝トーナメント出場は16名!アマチュア棋士の折田翔吾さんも活躍!

銀河線はA~Hまでの8つのブロックのトーナメント戦になり、各ブロックの優勝者と最多勝ち抜き者の各2名ずつ、合計16名が決勝トーナメント進出です!

今年の銀河戦は、アマチュア棋士でYouTuberとしても活躍されている折田翔吾さんが、プロ棋士相手に7連勝し決勝トーナメント進出を果たしたことでも話題になりました!

藤井聡太七段は今日の勝利で銀河戦6連勝となり、Eブロックの最多勝ち抜き者に決定しているので、決勝トーナメント進出です!

今日(6月25日)の戦型は阪田流向かい飛車戦法!先手藤井聡太七段VS後手阿久津主税八段

後手番の阿久津主税八段が坂田流向かい飛車戦法を採用!

先手番の藤井聡太七段がどのように対抗するかですね!

阪田田流向かい飛車戦法は、向かい飛車に振って金が前に上がっていき抑え込みを狙う、力戦型の戦法です!

伝説の棋士・阪田三吉さんが指したことからこの名前がついています。

92手目の局面から、超手数ですが詰みがあります

この局面から、阿久津主税八段の玉に詰みがありました!

 

92手目以降の手順は……

 

▲8二銀、△6一玉、▲7一金、△6二玉、▲7二金、△7二同玉、▲8一銀不成、△6二玉、▲7四桂(101手目図)、

△7四同歩、▲7一角、△7一同玉、▲7三香

105手目▲7三香までで阿久津主税八段の投了

勝った藤井聡太七段は、Eブロックトーナメント決勝で豊島将之三冠と対局予定です!

藤井聡太七段は、以前一度豊島三冠に負けているので、リベンジなるか楽しみですね!

おすすめ記事まとめ

【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

将棋倶楽部24のレートを上げるのにおススメの本『羽生善治の終盤術』はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です