藤井聡太七段が豊島将之名人に敗れる!【第26回銀河戦・本日の結果・対局速報・将棋】




今日(7月23日)放送された第26回銀河戦Eブロックの11回戦で、豊島将之名人が藤井聡太七段に105手で勝利しました!

今日の対局はいつもと放送時間が変更され(13時~14時36分)の放送でした!

そして、ちょうど本日、竜王戦決勝トーナメントでも藤井聡太七段と豊島将之名人が対局中です!

こちらの結果も終了次第お伝えしていきます!

(追記:竜王戦も豊島将棋之名人が勝利しました!聡ちゃん、惜しかった……)

今日負けた藤井聡太七段も、Eブロックの最多勝ち抜き者のため銀河戦本戦トーナメント進出です

藤井聡太七段は本日の対局は負けてしまいましたが、Eブロックのトーナメントで6連勝していて最多勝ち抜き者のため、本戦トーナメント進出が決まっています。

本日勝った豊島将之名人も、Eブロック優勝者として本戦トーナメント進出です。

本戦トーナメントに進出できるのは16名です!

藤井聡太七段の2019年7月23現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  15勝3敗 勝率0.883
(2019年7月23日時点)

通算成績:131勝23敗(対局数154局)勝率0.851

デパルマ三世
聡ちゃん銀河戦の本戦トーナメントでもがんばって~!



豊島将之名人について・藤井聡太七段の対戦相手・序盤・中盤・終盤・隙が無い!


豊島将之名人は(名人・王位)の二冠で、現在進行中の王座戦でも挑戦者決定戦まで進出しています。(対戦相手は永瀬拓也叡王です)。

どんな戦型も指しこなすオールラウンドプレイヤーで「序盤・中盤・終盤・隙が無い」というフレーズは有名ですね!

藤井聡太七段に公式戦2連勝はさすがです!

今日(7月23日)の銀河線の戦型は相掛かり!先手豊島将之名人VS後手藤井聡太七段

本日の戦型は相掛かりになりました。

両者は過去に一度だけ公式戦で対局があり、そのときは豊島将之名人が藤井聡太七段に勝利しています。

82手目藤井聡太七段△2四桂で飛車を捕獲するが……。

飛車が取れたので藤井聡太七段が良くなったかと思いきや……。

 

87手目豊島将之名人の▲4八角

この角打ちが味がいいですね!

投了図105手目豊島将之名人▲4五金まで(投了図以下の解説)

豊島将之名人の完勝ですね!強すぎる……。

投了図以下は△2三玉と逃げればすぐには詰みませんが、藤井聡太七段は攻防ともに見込みがないため投了やむなしですね。

しかし現在進行中の竜王戦決勝トーナメント準々決勝の、藤井聡太七段VS豊島将之名人の対局は、夕食休憩時点でやや藤井七段が優勢のようです!

(竜王戦決勝トーナメント準々決勝・藤井聡太七段VS豊島将之名人の対局・夕食休憩局面)

 

デパルマ三世
聡ちゃんリベンジやで~!!


おすすめ記事

【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

【2019年最新版】Amazonプライム・ビデオのおすすめラインナップまとめ【コメディ・感動・映画・バラエティ・アニメ】はコチラ

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です