藤井聡太七段が三浦弘行九段に敗れる!【本日の結果・対局速報・将棋日本シリーズJTプロ公式戦】




本日(8月11日)に行われた将棋日本シリーズJTプロ公式戦一回戦で、三浦弘行九段が藤井聡太七段に180手で勝利しました!

勝った三浦弘行九段は、JTトーナメント2回戦で豊島将之名人と9月21日に対局予定です!

藤井聡太七段の2019年8月11日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  17勝5敗 勝率0.7727
(2019年8月11日時点)

通算成績:133勝25敗(対局数158局)勝率0.8417

デパルマ三世
三浦弘行九段強すぎ~!聡ちゃん残念だったけど、黒の和服姿かっこよかった~!キャー(*^▽^*)



将棋日本シリーズJTプロ公式戦の持ち時間は10分・切れると1手30秒以内で1分間の考慮時間が5回

将棋日本シリーズJTプロ公式戦はお客さんの目の前でやる公開対局のトーナメント戦で、途中で封じ手の「次の一手クイズ」が挟まれるのも特徴ですね!

公式戦なので、勝敗は成績に反映されます!

成績トップ12名の棋士だけが参加できるトーナメントに、藤井聡太七段はノミネートされたんですね!

聡ちゃんの、2018年のプロ棋士賞金ランキング12位はすごすぎ~(*’▽’)

今日(8月11日)の戦型は横歩取り戦法!先手藤井聡太段VS後手三浦弘行九段


この局面は、プロの公式戦ではほぼ△3三角なのですが、△4一玉!

 

さらに三浦弘行九段の△5一金

三浦弘行九段が定跡を外した力戦に持ち込んできました!

 

56手目三浦弘行九段の△2四歩・解説の山崎隆之八段が驚いた手

三浦弘行九段が△2四歩を打ち、藤井聡太七段の▲2五桂を防ぎました。

「先手の手を封じ込める自信があるというような手ですね。ピンチでもありチャンスでもある局面ですね」

と解説の山崎隆之八段。

 

60手目藤井聡太七段桂馬損になりピンチ!

三浦弘行九段の慣れない戦型の攻めに、藤井聡太七段が翻弄されている印象です。

桂馬損のピンチに!

72手目△5五銀打ちで美しい局面に

デパルマ三世
左右対称に近い美しい局面が生まれました!

93手目▲7三馬の局面。藤井聡太七段が盛り返してきました!

 

投了図以下の解説

180手目△7七角成で藤井聡太七段が投了しました。

投了図以下は、藤井七段が受けがないので投了やむなしですね。

デパルマ三世
勝った三浦弘行九段は、将棋日本シリーズJTプロ公式戦2回戦で豊島将之名人と9月21日に対局予定です!

リップサービスかもしれませんが、三浦弘行九段が『藤井聡太の鬼手』の本を読んで勉強したから勝てた、って言ってたのが面白かったですね!


おすすめ記事

【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

【2019年最新版】Amazonプライム・ビデオのおすすめラインナップまとめ【コメディ・感動・映画・バラエティ・アニメ】はコチラ

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です