藤井聡太七段が久保利明九段に敗れる!【千日手・本日の結果・対局速報・第69回NHK杯将棋トーナメント】




今日(8月25日)放送された第69回NHK杯将棋トーナメントの2回戦で、久保利明九段が藤井聡太七段に137手で勝利しました!

千日手も挟んだ緊迫感のある対局でした!

デパルマ三世
勝った久保九段は、次戦、佐藤天彦九段VS行方尚史八段の勝者と対局予定です!

藤井聡太七段の2019年8月25日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  18勝7敗 勝率0.72
(2019年8月25日時点)

通算成績:134勝27敗(対局数161局)勝率0.8322

デパルマ三世
久保利明九段強すぎや~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー。聡ちゃんが同じ相手に3回負けたのは、久保九段と豊島名人だけΣ(゚д゚lll)ガーン



藤井聡太七段VS久保利明九段のこれまでの対戦成績は、藤井七段1勝VS久保九段2勝

1局目は2019年3月11日に行われた、第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選での対局。

先手番の久保利明九段が四間飛車戦法で勝利。

2局目は第2019年7月5日に行われた、第32期竜王戦決勝トーナメントの対局。

184手にも及ぶ大熱戦を制して、後手番の藤井聡太七段が勝利(久保九段は中飛車戦法)。

3局目は2019年8月22日に放送があったばかりの銀河線決勝トーナメント1回戦の対局。

後手番の久保利明九段が四間飛車戦法で勝利しました。

そして、今日(8月25日)のNHKテレビ将棋トナーメントの対局が、藤井聡太七段VS久保利明九段の4局目です!

今日の戦型は四間飛車戦法!先手番藤井聡太七段VS後手番久保利明九段・解説は師匠の杉本昌隆八段

久保利明九段がどこに飛車を振るかに注目が集まりましたが、本日は四間飛車戦法になりました!

62手目に千日手成立!

「これはいたしかたなかったですね。藤井七段は変に動いてしまうと悪くなってしまいそうですから、動きたくても動けなかった。久保九段の作戦がうまくいきました」

と解説の杉本昌隆八段。

千日手指し直し局も四間飛車戦法に!立石流!先手番久保利明九段VS藤井聡太七段

先手後手を入れ替えて指し直しです!持ち時間は前局の残り時間になります。

「先ほどの対局との一番の違いは、金の位置ですね。立石流と呼ばれる形です!」

と解説の杉本昌隆八段。

53手目久保利明九段▲6三角・藤井七段は怖い局面

「藤井七段からすると、いろいろ怖い局面ですよ。久保九段がペースを握っています」と解説の杉本昌隆八段。

 

71手目久保利明九段▲1四歩の局面

「この二人の対局は、中終盤のねじり合いがすごいんですよ。本局もそうなってますね」と解説の杉本昌隆八段。

 

88手目藤井聡太七段△2五角の局面

「ごちゃごちゃしているうちに、後手(藤井七段)が一歩抜け出したかもしれません」

137手で藤井七段が投了・投了図以下の解説

137手▲3九金まで、藤井聡太七段が投了しました。

投了図以下は、久保利明九段玉に詰みがなく、藤井七段玉の受けもないので投了やむなしです!

デパルマ三世
終盤、藤井聡太七段が優勢になったのですが、そのあとの久保利明九段の粘りと逆転術が凄すぎました!

藤井聡太七段のおすすめ記事まとめ

藤井聡太七段の伝説の7七同飛成解説(ソフト超え)はコチラ

藤井聡太七段が第16回詰将棋解答選手権で優勝!五連覇達成!【結果・速報・チャンピオン戦】はコチラ

藤井聡太七段が升田幸三賞受賞!最優秀棋士賞は豊島将之二冠【2018年将棋大賞・結果・速報・46回】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です