藤井聡太七段が中村太地七段に勝利!【本日の結果・対局速報・将棋・王将戦2次リーグ準決勝】




今日(8月26日)行われた・王将戦2次リーグ準決勝で、藤井聡太七段が中村太地七段に91手で勝利しました!

勝った藤井聡太七段は、次戦挑戦者決定リーグ入りをかけて9月1日(日)に谷川浩司九段と対局予定です!

藤井聡太七段の2019年8月26日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  19勝7敗 勝率0.7307
(2019年8月26日時点)

通算成績:135勝27敗(対局数162局)勝率0.8333

デパルマ三世
あと1勝で、聡ちゃんの王将戦挑戦者決定リーグ入りだ~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪



中村太地七段について・王座1期獲得・山崎隆之八段、伊藤かりんさんとともに将棋フォーカスの司会を務める

中村太地七段は王座のタイトルも1期獲得経験がある実力者です!順位戦はB級2組です。

山崎隆之八段、伊藤かりんさんとともにNHKEテレ放送の『将棋フォーカス』の司会を務めたことでも話題になりましたね!

王将戦挑戦者決定リーグとは・渡辺明王将への挑戦権をかけて戦う

王将戦は、二次予選通過者3名とシード権者(前期挑戦者決定リーグ残留者と王将戦敗者)4名の計7人で総当たりのリーグ戦を行い、1位の人が王将戦の挑戦者となります!

今期(第69期)の王将戦挑戦者決定リーグ出場が決まっているのは、久保利明九段、糸谷哲郎八段、広瀬章人竜王、豊島将之名人の4名とすごいメンバーですね!

今日の戦型は角換わり戦法!先手番藤井聡太七段VS後手番中村太地七段・初対局・持ち時間各3時間

藤井聡太七段と中村太地七段は、公式戦では初対局です!

53手目藤井聡太七段▲5六銀の局面

中村太一七段は銀損しながらも、飛車を取って攻めが繋がるかという局面です!

投了図・91手目▲4五歩まで・投了図以下の解説

91手目、藤井聡太七段の▲4五歩の局面で中村太一七段が投了しました。

投了図以下は、中村太一七段に攻防ともに見込みがないので投了やむなしですね。

勝った藤井聡太七段は、谷川浩司九段と王将戦挑戦者決定リーグ入りをかけて9月1日(日)に対局予定です!

 

藤井聡太七段のおすすめ記事まとめ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

藤井聡太七段の伝説の6二銀解説(銀のただ捨て)はコチラ

藤井聡太七段が杉本昌隆八段に弟子入りを申し込んだときに注意されたことはコチラ

藤井聡太七段が朝日杯連覇優勝!決勝で渡辺明棋王に勝利【結果・速報】はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です