藤井聡太七段が村山慈明七段に敗れる!【本日の結果・対局速報・将棋・叡王戦七段予選】




昨日(8月29日)行われた・叡王戦七段予選で、村山慈明七段が藤井聡太七段に107手で勝利しました!

 

デパルマ三世
勝った村山慈明七段は、7段予選であと2回勝てば叡王戦本戦トーナメント進出です!

 

藤井聡太七段の2019年8月30日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  19勝8敗 勝率0.7037
(2019年8月30日時点)

通算成績:135勝28敗(対局数163局)勝率0.8282

デパルマ三世
聡ちゃん9月1日の谷川浩司九段との王将リーグ入りをかけた対局がんばって~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪



村山慈明七段について。関西移籍・序盤は村山に聞け。村山聖九段

村山慈明七段は序盤研究家として知られていて、

「序盤は村山に聞け」

と周りの棋士に言われるているほどです。

このキャッチフレーズは、映画化や漫画にもなった、伝説の棋士村山聖九段が終盤が強すぎて、

「終盤は村山に聞け」

と周りの棋士に言われていたことから派生しているのでしょう。

また、2019年から将棋に心機一転して取り組むために、東京から関西に移籍したことでも話題になりました!

 

デパルマ三世
環境が変われば、研究会のメンバーなども変わりますし、いろいろな変化が起きるのかと思います!

 

戦型は角換わり、先手村山慈明七段VS後手藤井聡太七段

角換わりは今プロ間で一番人気のある戦法で、ソフトなどを使った研究もかなり深いところまで進んでいます。

本局も、研究合戦になっていくのですが……。

 

62手目藤井聡太七段△3三桂の局面。激しい中盤戦が続きます。

この局面では、形勢はほぼ互角のようです!

 

投了図以下の解説・107手目

107手目村山慈明七段の▲2三金で、藤井聡太七段が投了しました。

投了図以下は、玉が逃げたら銀を打てば簡単な詰みですね。

勝った村山慈明七段は、7段予選であと2回勝てば叡王戦本戦トーナメント進出です!

 

藤井聡太七段のおすすめ記事まとめ

藤井聡太七段が杉本昌隆八段に弟子入りを申し込んだときに注意されたことはコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

藤井聡太七段の伝説の6二銀解説(銀のただ捨て)はコチラ

藤井聡太七段が朝日杯連覇優勝!決勝で渡辺明棋王に勝利【結果・速報】はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です