藤井聡太七段が谷川浩司九段に勝利して王将リーグ入り!【本日の結果・対局速報・将棋・王将戦2次リーグ決勝】




今日(9月1日)行われた・王将戦2次リーグ決勝で、藤井聡太七段が谷川浩司九段に57手で勝利しました!

デパルマ三世
この結果、藤井聡太七段の王将戦挑戦者決定リーグ入りが決定ですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

藤井聡太七段の2019年9月1日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  20勝8敗 勝率0.7142
(2019年9月1日時点)

通算成績:136勝28敗(対局数164局)勝率0.8292

デパルマ三世
聡ちゃん王将リーグがんばって~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪



王将戦挑戦者決定リーグについて・渡辺明王将への挑戦権をかけて7名が戦う

王将戦は、二次予選通過者3名とシード権者(前期挑戦者決定リーグ残留者と王将戦敗者)4名の計7名で総当たりのリーグ戦を行い、1位の人が王将戦の挑戦者となり渡辺明王将への挑戦権を獲得できます!

デパルマ三世
今期(第69期)の王将戦挑戦者決定リーグ出場が決まっているのは、久保利明九段、糸谷哲郎八段、広瀬章人竜王、豊島将之名人の4名と豪華メンバーです!

ここに藤井聡太七段が加わりますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

王将戦リーグ入りの残り2名は、羽生善治九段VS郷田真隆九段の勝者と、佐藤天彦九段VS三浦弘行九段の勝者です!

楽しみですね~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

藤井聡太七段が王将リーグを勝ち抜いて挑戦者になると、屋敷伸之九段の「タイトル挑戦最年少記録(17歳10カ月)」を更新することになります!

本日(9月1日)の戦型は雁木戦法。先手藤井聡太七段VS谷川浩司九段


デパルマ三世
両者は本局が初手合です!

後手の谷川浩司九段が雁木戦法に誘導しました!

53手目藤井聡太七段▲9一角成の局面

▲9一角成の局面で、藤井聡太七段が一気に優勢になりました!

このあと△3三桂、▲6四馬、△2五桂、▲7四馬、と続きます。

 

投了図・57手▲7四馬まで・投了図以下の解説

57手目▲7四馬の局面で谷川浩司九段が投了しました。

投了図以下はまだすぐには終局にはなりませんが、飛車・銀の両取りが決まっていて藤井聡太七段がかなり優勢な局面です。

ここからの逆転は難しいとみて、谷川浩司九段が投了したのだと思います。

勝った藤井聡太七段は、王将戦挑戦者決定リーグ入りですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


藤井聡太七段のおすすめ記事まとめ

藤井聡太七段が第16回詰将棋解答選手権で優勝!五連覇達成!【結果・速報・チャンピオン戦】はコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

藤井聡太七段の伝説の6二銀解説(銀のただ捨て)はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です