藤井聡太七段が羽生善治九段に勝利!【本日の結果・対局速報・将棋・第69期王将戦挑戦者決定リーグ】




今日(10月21日)に行われた王将戦挑戦者決定リーグで藤井聡太七段が羽生善治九段に82手で勝利しましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

王将戦挑戦者決定リーグ戦途中経過【10月21日午前時点・藤井七段が暫定トップに!・対戦成績・難関・結果速報】

王将戦挑戦者決定リーグメンバー・途中経過

藤井聡太七段 3勝1敗

広瀬章人竜王 2勝1敗

羽生善治九段 2勝1敗

豊島将之名人 2勝2敗

糸谷哲郎八段 1勝2敗

三浦弘行九段 1勝2敗

久保利明九段 0勝2敗

(2019年10月21日午時点の王将リーグ戦対戦成績です)

藤井聡太七段の今後の王将戦対局予定・11月19日に広瀬章人竜王と対局

藤井聡太七段の王将戦リーグ対局予定

11月19日(火)に藤井聡太七段(先手) VS 広瀬章人竜王(後手)

※藤井聡太七段VS久保利明九段の日程は未定のようです。

藤井聡太七段の第69期王将戦挑戦者決定リーグは残り2局となりました!

このままいくと、聡ちゃんが5勝1敗でプレーオフに進出して挑戦者になる、っていうわたしの予想が当たるかも~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

藤井聡太七段の2019年10月21日現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  26勝9敗 勝率0.74285
(2019年10月21時点)

通算成績:142勝29敗(対局数171局)勝率0.830

デパルマ三世
聡ちゃんの王将リーグ挑戦が見えてきた~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

10月21日の対局は相掛かり戦法!先手羽生九段VS後手藤井七段(王将戦挑戦者決定リーグの持ち時間は各4時間)

両者は過去に第12回朝日杯将棋オープン戦準決勝で対戦し、そのときは藤井聡太七段が勝っています。

藤井聡太七段が先手番で、後手の羽生善治九段が雁木戦法を採用して熱戦になりました!

持ち時間の長い両者の対局は、本局が初めてです!

50手目藤井七段の▲1五金の局面

藤井七段が、一見遊び駒になってしまいそうなところに金を打ちました!

飛車をどかして▲3六歩から桂馬を取る狙いですね!

結果的にこの手が好手だったようです!

投了図・82手目△5八成桂の局面

82手目△5八成桂の局面で、羽生善治九段が投了しました!

投了図以下は一手一手の寄りで、攻防ともに見込みがないので投了やむなしですね!

本譜は藤井聡太七段の完勝譜でしたね!凄すぎます!

これで両者の対戦成績は、藤井聡太七段の2連勝となりました(*’▽’)

将棋おすすめ記事まとめ

羽生善治九段の名言「努力と成果のモノサシ」が忍耐力を生む『捨てる力』はコチラ

将棋盤オススメまとめ【どこで買える・サイズ・折りたたみ・高級・子供】はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

『3月のライオン』で号泣しまくり【名言・格言】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です