藤井聡太七段VS広瀬章人竜王の対局速報・本日の途中経過【王将戦リーグ戦・将棋・矢倉・11月19日】

本日(11月19日)行われている藤井聡太七段VS広瀬章人竜王の王将戦挑戦者決定戦の途中経過をお伝えしていきます!

藤井七段が勝てば、30年ぶりの最年少タイトル記録更新です!

デパルマ三世
対局の進行があり次第、随時更新していきます!

 

今日(11/19)の戦型は矢倉戦法・藤井七段VS広瀬竜王・解説は藤井猛九段・持ち時間各4時間


デパルマ三世
角換わりが大本命の予想でしたが、藤井七段が矢倉に誘導しました。

「矢倉ですかあ」と解説の藤井猛九段も少し驚いてましたね!

「現代の矢倉は玉をちゃんと囲わないスピーデイな矢倉が主流です。昔とは全然違います」

と解説の藤井猛九段。

プロ間では、最近矢倉の対局が減ってきています。

後手からの急戦の攻めが厳しいので、先手番で矢倉を指すメリットが減ってきているからのようです。

藤井七段がこの大事な対局で得意な角換わり戦法ではなく矢倉を採用したのは、何か秘策があるのでしょうか……。



40手目、広瀬竜王△3一玉の局面。先後同型に

先手後手、お互いに3筋と7筋の歩を交換して、角が向き合う形に。

「歩を切ったこの形は、激しすぎて難しいんですよ」

と解説の藤井猛九段。

「先手と後手が似た形をしてるから複雑でややこしいんですよ。この形がやりたくないから、僕は藤井矢倉を編み出したんです」

昼食休憩の局面・43手目藤井七段▲9六歩・形勢判断・形勢は互角・消費時間

広瀬竜王が△3四歩と打って、傷を消しました!

その後、藤井七段が▲9六歩と端歩を突きました。

ここで▲9六歩かあ。深い」

と解説の藤井猛九段。

端歩を突いておけば、攻め合ったときに逃げ道が広がっていますね!

形勢はまだ互角です!

消費時間は藤井七段が1時間6分、広瀬竜王が22分で少し差がついていますね。

藤井七段がどのタイミングで▲6四角と、角交換からの攻めを決行するかに注目が集まります!

 

45手目・藤井聡太七段▲6四角の局面

昼食休憩明けに、ついに藤井聡太七段が角交換をしました!

広瀬竜王は△6四歩と、歩で取り返しました。

51手目・藤井七段▲7二歩の新手・藤井聡太七段の師匠の杉本昌隆八段も登場!

「藤井七段はそこまで記録を意識してないと思います。この前会った時もびっくりするぐらい普段通りだな、と思いました。

体調にだけは気をつけるように伝えました」

と師匠の杉本昌隆八段。

俗に言う「手裏剣の歩」が出ました。

広瀬竜王からするとほっておくと、と金が作られてしまいますし、同飛車と取ると▲6三角から馬を作られてしまいます。

 

62手目広瀬竜王△6二飛の局面

藤井七段が優勢になった局面もあったのですが、62手目△6二飛の局面はほぼ互角の形勢に戻ってきました!

 

67手目藤井七段▲7六歩の局面

広瀬竜王が銀を逃げずに△6五歩と攻めて来る順があるようです!

形勢はほぼ互角ですが、藤井七段の持ち時間が残り30分を切っているのが気になりますΣ(゚д゚lll)ガーン

75手目藤井七段▲6八香の局面・ソフトやAIによって評価は若干違うが……


激しい展開になってきました!

ソフトによって評価値は若干違うようですが、形勢はいまだにほぼ互角です!

本日の対局は夕食休憩はありません!

86手目広瀬竜王△3二玉の局面・藤井七段大ピンチ


聡ちゃんピンチや~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

がんばれ~!

89手目藤井七段▲5四銀の局面・藤井マジックの神ががった手順

藤井七段、大ピンチの局面から、わずか3手で形勢を互角に戻しました!

▲8二飛と攻防に飛車を打ち、△7二歩の中合いの受けに、歩を取らずに▲5四銀打(詰めろ)の、絶妙の手順。

これにより、広瀬竜王が攻めていたはずが、藤井七段の攻めに攻守交替しています!

藤井七段はやっぱり、伝説の棋士になるのよ~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

103手目・藤井七段▲7六玉の局面・藤井七段の勝勢か!?

藤井七段が勝ちに近づいてきました!

110手目△6九飛成の局面。▲5七玉なら詰みはなかったようです

本譜は藤井七段は▲6八歩と受けましたが、ここで▲5七玉と逃げていれば藤井七段の玉は詰まないので、藤井七段が勝っていたみたいΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

藤井七段は持ち時間を使い切っていて、1手1分で指さなければいけなかったので読み切るのは大変だったようです。

投了図・126手目で藤井七段が投了

126手目△7七桂成の局面で藤井聡太七段が投了しましたΣ(゚д゚lll)ガーン

 

王将リーグ途中結果・残留・陥落・脱落者

王将戦挑戦者決定リーグメンバー・途中経過

広瀬章人竜王 4勝1敗

藤井聡太七段 4勝1敗

豊島将之名人 4勝2敗

羽生善治九段 3勝2敗

久保利明九段 1勝4敗

糸谷哲郎八段 1勝4敗

三浦弘行九段 1勝4敗

(2019年11月19日午前時点の王将リーグ戦対戦成績です)

豊島将之名人と羽生頼治九段のリーグ残留が決定しました!

久保利明九段、糸谷哲郎八段、三浦弘行九段 は残念ながらリーグ陥落が決まっています!

今日の対局で、広瀬竜王と藤井七段の勝者が渡辺明王将へのタイトル挑戦者となります!

藤井聡太七段の2019年11月19日午前現在の通算成績・勝率

藤井聡太七段の2019年4月~の成績と通算成績

2019年4月~  30勝9敗 勝率0.769
(2019年11月19日午前時点)

通算成績:146勝29敗(対局数175局)勝率0.834

デパルマ三世
聡ちゃんの勝率高すぎ~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

将棋おすすめ記事まとめ

ねほりんぱほりん「将棋の奨励会で夢破れた男たちの人生」の感想!はコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

『3月のライオン』で号泣しまくり【名言・格言】はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です