折田翔吾アマが黒田尭之四段に勝利!【プロ棋士編入試験第1局・アゲアゲ・今日の結果・本日の対局速報】

本日(11月25日)行われたプロ棋士編入試験第1局で、折田翔吾アマ(アゲアゲさん)が黒田尭之四段に98手で勝利しましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

第2局は出口若武四段と12月23日(月)に対局予定です!

折田翔吾アマはアゲアゲ将棋チャンネルでユーチューバーとしても活躍・クラウドファンディング・奨励会成績


折田翔吾アマは奨励会三段リーグ在籍中に26歳の年齢制限がきて、プロ棋士になれずに退会しました。

折田翔吾アマの奨励会の三段リーグの通算成績は69勝111敗でした。

デパルマ三世
その後アマチュア棋士として活躍して、プロ棋士相手にも好成績を上げたので今回のプロ編入制度の資格を得ました!

銀河線トーナメントでプロ棋士相手に7連勝したのは凄かったですね!

折田翔吾アマはアゲアゲ将棋チャンネルでYouTuberとしても活躍されていて、プロ編入試験の受験料54万円をクラウドファンディングで支援を募ったら500万円以上支援がくるほどの人気ぶりです!



奨励会以外からプロ棋士になったのは過去に3名だけ・プロ編入試験制度

デパルマ三世
奨励会の三段リーグ突破以外からの特例でプロ棋士になったのは、3名(花村元司九段、瀬川晶司六段、今泉健司四段)だけです!
現在行われている「プロ編入制度」は、プロ棋士相手に10勝以上、勝率6割5分以上の規定を満たすと試験参加の資格を得ることができます。

プロ棋士との対局の機会を得るためには、アマチュアの全国大会などで勝ちあがる必要があります。

 

編入試験は、プロ棋士5名(直近で棋士になった四段の棋士)を相手に3勝すれば合格となり、その時点でフリークラスに編入となります。

折田アマは本日勝利したので、あと2勝勝てば編入試験合格になります!

現在の5名のプロ棋士と対局する「プロ編入試験」を突破したのは、過去に今泉健司四段だけです!

折田翔吾アマのプロ棋士編入試験の今後の日程。対局予定。次戦は12月23日の出口若武四段戦

対局予定

第2局 出口若武四段(24歳) 12月23日(月)に対局

第3局 山本博志四段(23歳) 1月27日(月)に対局

第4局 本田奎四段(22歳) 2月25日(火)に対局

第5局 池永天志四段(26歳)未定

デパルマ三世
1カ月に1局のペースで今後の対局が予定されています!

本日の対局・初手端歩▲1六歩・将棋漫画『月下の棋士』を彷彿


デパルマ三世
将棋の先手の初手は、▲7六歩と角道を開けるか、▲2六歩と飛車先の歩をつくかのどちらかがほとんどなんですよね。
初手に端歩を付くというのは、一手遅れてしまう可能性もあるのでプロ間では珍しい手です。

相手の精神を揺さぶる意味もあって、『月下の棋士』という僕が大好きな漫画では主人公は毎回初手端歩をつくんですよね!



折田翔吾アマVS黒田尭之四段。今日の戦型は四間飛車戦法に・持ち時間は各3時間

居飛車の相掛かり戦法になる予想もありましたが、黒田尭之四段(23歳)が端歩をついて飛車を振って四間飛車戦法になりました!

折田アマは、ミレニアム囲いに近い形に囲っていきます。

 

98手で黒田尭之四段が投了しました・折田アマの△3九角というかっこいい手も飛び出す!

デパルマ三世
重要と言われていた第1局を、折田翔吾アマが勝利しました!
折田アマの△3九角というかっこいい手も決まり、解説の今泉健司四段も「折田アマの完勝譜です!素晴らしい将棋で初戦を乗り切りました」と言ってましたね!

「最後の決め方がお見事でした。大きい1勝ですね」と解説の瀬川晶司六段。

第2局は出口若武四段と12月23日(月)に対局予定です!

 

将棋・藤井聡太七段のおすすめ記事まとめ

藤井聡太七段【史上最速百勝達成】の伝説の一手~必至を解除する男~はコチラ

藤井聡太七段が負けた棋士まとめ【藤井聡太七段に勝った棋士・名前・苦手】はコチラ

藤井聡太七段が倒さなければならない7人まとめ【将棋界の王下七武海】はコチラ

藤井聡太七段が杉本昌隆八段に弟子入りを申し込んだときに注意されたことはコチラ

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です