早起きできるサイト『早起き生活』がすごい【コツ】【メリット】




(この文章は2009年4月24日に書いたものです)

早起きができるようになるサイトを発見しましたよ!

生活改善応援サイト『早起き生活』早起きする方法は記録すること!

『早起き生活』へのリンクはコチラ

メールアドレスとパスワードを登録するだけで無料で使えて、自分が何時に起きたかを管理できるんです。

自分のページにログインして、『今、起きた』ボタンをクリックすると、その時間がグラフに入力されます!

平均起床時間も分かるし、自分の起きた時間の変動がグラフで一目瞭然です!

起きて、パソコンの電源を入れて、サイトに行ってクリックする、という一連の動作のうちに目が覚めるから二度寝をする心配もないわけです!

やはり、起きたあとに何をするかが決まっているのが、二度寝をしないコツですよね!

起きた時間は自分でエクセルに入力してたんですけど、こっちの方がゲーム性があっていいですね!

さらにそのグラフがネットで公開されていて、他の早起き生活メンバーが見ることもできます。(非公開にもできます)

「あ、あいつはもう起きてるのか。ちくしょう!オレもがんばらなければ!」

というような相乗効果も生まれそうですね!

自分の起きた時間を記録することで、早起きの習慣もつきやすくなると思います!
 

早起き・規則正しい生活のメリット

村上春樹さんは長編小説を書くとき、朝4時に起きて執筆を開始する、というサイクルを続けるそうなんですが、やはり規則正しい生活でないと、大きな作品を創るのは難しいんですよね。

今日は7時に起きて、明日は12時に起きて、みたいにやっていると、長編小説を書くのは結構大変だと思います。作家には、早起きの人が多いでしょう。夜は急に予定が入ってしまうこともあるでしょうし、一番自由になる時間は朝なんですよね。

頭が一番冴えている(まだ疲れていない)状態が朝ですから、この時間に大事なことをやってしまうのは理に適っていると言えるでしょう。

追記
僕の友人は大学院の研究生時代に、研究室に行ったときにこのサイトで「今、起きた」ボタンをクリックして、研究室に来た時間を管理するのに使っていたそうです。このように、起床時間以外にも、自分が何かを毎日する時間を把握するのにもこのサイトは使えそうですね。

 

使えるショートカットキーはコチラ

街で流れている音楽の曲名が分かるiPhoneアプリ【Shazam】はコチラ

『家庭教師理論』~短期間でTOEICの点数を200点上げる方法~はコチラ

『常連になる技術』第1回~常連の店を作れば楽しい~はコチラ

嫉妬しない方法はコチラ

仮病のテクニックに関するスピーチはコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です