信用できる人やブログの見分け方【失敗談を隠さずに書いているかどうか】




僕が定期的に読んでいるブログがいくつかあって、その方たちの書いている内容は信用することにしています。

ジャンルとしては【ブログ運営】【恋愛】【将棋】などいろいろなのですが、共通点として、ちゃんと自分の失敗談を包み隠さず書いてるんですよね。

失敗談を隠さない人は信用できる

いろんなブログがネット上にありますが、うまくいったことしか書いていないサイトが多いんですね。

自分はこういうことで成功したとか、こんな実績があるとか。

僕はそういうサイトは信用できないですね。

サイトの中には残念ながら、嘘を書いたり誇張して書いたりしている物も多いです。

それよりも、普通だったら隠したくなるような自分の失敗談や悩みや弱みを、赤裸々に書いているブログを信頼しています。

ただ失敗談の中でも、

 

「偏差値35で落ちこぼれだった私が、あっという間に偏差値70に!」

とか

「モテなかった私が、あっという間にモテモテに!」

みたいに、今の成功を誇張するための失敗談は駄目ですね。

そういうものではなくて、ガチの失敗談や悩みを打ち明けているブログを信用します。

 

人を見るときも同じ【信用できる人と信用できない人】

これは人を見るときも同じですね。

自慢ばかりしたり、自分のいいところやうまくいったことだけを話したりする人を、僕は信用していません。

それよりも、仕事や恋愛で失敗したことや、自分のコンプレックスを話してくれる人と、仲良くなることが多いですね。

林修先生も、若い頃に失敗した話などをきちんとしているから、あんなに人気が出ているのだと思います。

 

林修先生から高学歴ニートへ送る名言「仕事は『やりたいこと』より『できること』」はコチラ

林修先生の名言「仕事に好き嫌いは関係ない」はコチラ

 

『作家になるためのシステム』も失敗談を書き続けます

作家になるための方法を書いているブログの運営者が、新人賞の一次選考で落ちてるって、本当は恥ずかしいから書きたくないんですよ。

ただ、僕も自分の失敗談を書き続けたいと思います。

 

ミステリーズ!新人賞と小説推理新人賞の一次選考の結果が…はコチラ

野生時代フロンティア文学賞の一次選考に落選しちゃって泣きそうなのだ~【2018年】

人は他人の失敗から学ぶ

人は他人の失敗を見て、同じ失敗をしないように学ぶことも多いです。

だとしたら、自分の失敗を発信することで、誰かの役に立っているかもしれません。

 

悩みは自分一人で抱えずに人に話す

失敗や悩みを、ブログに書いたり人に話したりするメリットは他にもあって、一人で抱えているより気分が楽になるんですよね。

悩みは一人で抱えずに、誰かに伝えることを癖にするのが良いかと思います。

 

●関連記事

林修氏の名言『友達は少ないほうがいい』はコチラ

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

森博嗣氏の名言「こんなに頑張っているのに、どうして…」はコチラ

村上春樹氏の名言「人生においていちばん大事なのは…」はコチラ

梅原大吾氏の名言「腹が立ったり納得がいかなかったりするときは…」はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です