大きな商品が「チェーンストアお買い物川柳」から届いたのだが…【公募】




(この文章は2016年3月31日に書いたものです)

昨日宅配便が届きまして、なんだこれ、と思ったのですが、

以前応募した「チェーンストアお買い物川柳」からだったんですね。

年末ぐらいに応募していて、そのことすら忘れてたんですけど、

箱のサイズも大きくてかなり重くて、写真を見てもらうとわかると思うんですけど、

 

ほとんど、家のプリンターと同じくらいのサイズ感なんですよね。

なんだなんだと開けてみたら、

 

 

ヤクルト製品の、果汁100パーセントジュース詰め合わせ24本セットでした!

これでしばらくビタミンが補給できるので助かりました!

そもそも、僕が川柳を送るようになったきっかけがありまして、

電波少年のなすびっていたじゃないですか。

懸賞の商品だけで生活できるかっていう。

あの番組を観ていて思ったのが、運で決まる懸賞ではなくて、実力で決まる川柳とかネーミングの公募に送って、賞金を稼いで生活できるんじゃないかと思いましてね。

というのも、懸賞だと当たる確率が低いのですが、公募ならば、実力次第でなんとでもなりますからね。

それでまあ一時期、ありとあらゆる公募の賞に送りまくってまして、最高で十万円の賞に当たったこともあったんですが、

ただ、かけた労力を時給に換算すると、結局千円切るぐらいだったんですよねえ。

やはり公募の賞金だけで生活してくのは無理、ということが判明しまして、

最近は小説の投稿に専念して、川柳やらエッセイやらからは遠ざかってたんですけど、

「チェーンストアお買い物川柳」ってすごい太っ腹で、

10万円の大賞が10人、3万円が31人、1万円が61人とか、バブルか!?ってぐらい当選者を多く出す賞だったんで、久々にちょっと川柳を30句送ってみたんですね。

 

ちなみに、僕は川柳を30句考えるのを1時間でできます。

 

これは、川柳界でもかなり速いペースだと思います。

川柳を速く書くコツは、考えてから書くのではなく、書きながら考える、ですね。

そして、一つの句を書いたらすぐに、その句をずらしたりひねったりして、別の句を考える。

まあ、作品のクオリティは保証できませんが…。

 

質よりも量だと思ってるんで!

 

で、一応送った句は全部ワードに保存してあるんで、いったいどの句が当たったのかしらん、
自信作の「バーゲンで 膨らんでいく カゴと夢」かしらん、と楽しみにしていたのですが、

この説明を見たところ…

 

『入選者を除くすべての応募者の皆様を対象に「わくわく抽選プレゼント」の抽選を行いましたところ』

と書いてありまして、

 

結局、自分が送ったのは全部落ちてて、運で当たっただけかーい!!

 

30句も送ったから抽選の倍率が上がっただけでした!!

 

まあ、質より量作戦は、こういうメリットもあるということで…。

 

 

 

すばる文学賞の一次選考を通過しました、はコチラ

野生時代フロンティア文学賞の一次選考を通過したよ~んヽ(゚◇゚ )ノはコチラ

小説現代ショートショート・コンテストで入選しましたはコチラ

中谷彰宏氏の名言「量をとにかく積み重ねる」はコチラ

『連鎖理論』~公募コンテストで最優秀賞を獲る方法~はコチラ

松井玲奈さんが小説家デビュー決定したことについての感想「拭っても、拭っても」はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です