かまいたちの名言『人のふり見て無いとこ探せ』山内・濱家【芸人先生・ビジネスマン】




『芸人先生』(2019年6月3日NHKで放送)でかまいたちが、家具店のニトリに特別講義をしに行きました。

デパルマ三世
広告宣伝部の方の新しい企画のアイデアが浮かばないという悩みに対して、かまいたちさんの回答を引用して紹介していきます!

かまいたちさんの名言『同業他社の足りてない部分を自分の会社で足してやる』ビジネスアイデアの見つけ方・山内さん・濱家さん・芸人先生

山内「結構行き詰ったときとか、周りの他のいろんなものを見てみるってのはすごい大事で」

濱家「僕たちもそうなんですけど、他の芸人、磯島さんからしたら同業他社を観て、パクったらだめですけど、こういう感じで振ったらこんなボケ出せるんやみないなのを、軸だけ見て自分らに置き換える、ってのはすごくよくあることなんです。

それをですね……

 

『人のふり見て“無い”とこ探せ』

 

人のあかんことって、めっちゃ分からないですか?

これもうちょっとこうしたらええのに、とか」

 

山内「他の人のを研究してみて、他の人もいいんですけど、これもっとこうしたらいいんじゃんかなって、はたから見て足りてない部分ってたぶんいろいろあると思うんで、そこを自分らの会社では足してやれば、他のやつよりもクオリティの高いところにたどり着けるんで。

そういう風な考え方も、大事じゃないかなと思います」

 

~「芸人生活」2019年6月3日放送回より引用~



かまいたちさんの名言の感想・マリオとソニック・ゲームビジネスモデル

同業他社の足りていない部分を取り入れたビジネスモデルの例で、僕が真っ先に思い浮かぶのが

「マリオ」と「ソニック」

の話です。

デパルマ三世
任天堂が出したマリオというゲームは、ほぼ完璧だったわけですよね。
みんな面白いって言って、マリオをプレイすると。

でも、他のゲーム会社はマリオに対抗していかないといけないわけです。

 

マリオの足りないところは何なのか。

マリオって一見完璧なゲームに思えるんですが、実は足りないところもあるんですよね。

デパルマ三世
たとえばマリオは、速いダッシュができません!

一応Bダッシュで少し速く走れるんですけど、でも疾走感みたいなものはそんなにないんです。

その疾走感を取り入れたのが、セガの「ソニック」なんですよね。

ソニックは、スーパーダッシュみたいなのができて、回転しながら超スピードで走れるようになったんです。

そこが、マリオとの決定的な違いになったんですね。

 

デパルマ三世
あとマリオに足りないところは、ビームが撃てないですよね。

フラワーを取るとファイアーは撃てますけど、あれはいつもではないわけです。

基本はクリボーとかを踏んで倒すのが、マリオの面白さでもあり、足りないところでもあったわけです。

それで、いつもビームを撃てるようにしたのが……

 

カプコンの「ロックマン」です。

 

「ソニック」も「ロックマン」もその後、アクションゲームの地位を得ました。

デパルマ三世
一見完璧に見えるものでも、実は足りないものがあると!
その足りないものを取り入れて作れば、新たなビジネスチャンスが出てくるってことなんですね。

created by Rinker
任天堂
¥5,500 (2020/09/23 21:10:25時点 Amazon調べ-詳細)



お笑い・ビジネスのおすすめ記事まとめ

『キングオブコント』2020年の放送予定はいつか【放送日予定・優勝コンビ予想・お笑い番組】はコチラ

お笑い番組が好きな人におすすめのVODランキングだよ~ん【比較・2020年最新・ネタ番組】はコチラ

林修先生の仕事の名言「企業と消費者の中間項として入り込むのが大事」【林先生の初耳学】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です