三重県マスコットキャラクター愛称に投稿しました




(この文章は2010年5月19日に書いたものです)

「芸術は爆発だ!」と言ったのは岡本太郎氏であり、「公募で爆発的に金を稼ぎたい!」と言ったのは私です。
というわけで、今回は三重(みえ)県のマスコットキャラクターのネーミングに投稿してみました。
賞金は5万円です。
上にアップした画像のキャラクターですね。

・三重県のマスコットである
・頭にワッカがついている

この二つの要素から考えまして、頭が割れそうになるほど考えまして、あらゆる表現を縦横無尽に考えつくした結果、ついに、生まれてはならないアイデアが生まれてしまいました。僥倖と呼ぶしかありません。
それでは、発表しましょう。

 

 

『ミエンジェル』

 

 

です。
【三重】+【エンジェル】です。
持てる力を全て注ぎ、現時点で僕の最高のネーミングができたと自負しております。
他に考えた案も、一応書いてみます。

エミちゃん(三重を反対から読んで)
ミエモン
ミエリーナ
ミエリーナⅢ世
ミエドリッチ・ボルトリッチ
ワールド・オブ・ザ・ミエ
ミエるんです。
みえはる
ギフちゃん(もうこの際、他の県の名前でもいいだろうということで)

もし受賞したら、三重に行きこのマスコットと抱き合い、喜びを分かち合うことになるでしょう。

2018/8/17追記:

結果としては、「う~まちゃん」という名前が当選したようで、僕の送った案は惜しくも落選でした。

美し国(うましくに)の「美」と三重の「三」を基に、県民の固い絆と自立の精神で「美し国 三重」をさらに磨き上げる、元気でたくましい姿を表現しています。また、それぞれの色は、昇る太陽、豊かな海・緑、歴史や文化の背景をイメージしたシンボルマークをモチーフとし、頭に載せた輪は、人と人との絆を意味する「輪」と協力を意味する「和」を表しています。
(三重県ホームぺ―ジ「う~まちゃんの紹介」より引用)

この頃はネーミング・ダジャレ・川柳など公募コンテストに片っ端から送っていましたが、なかなか当選が出ずに焦っていましたね。結果的に、その後10万円の大賞が当たったりといくつかの当選が出ていくのですが、かけた労力を時給に換算すると千円を切るので、公募で生活費を稼ぐのは困難と判断して今に至ります。

 

すばる文学賞の一次選考を通過しました、はコチラ

『連鎖理論』~公募コンテストで最優秀賞を獲る方法~はコチラ

『家庭教師理論』~短期間でTOEICの点数を200点上げる方法~はコチラ

『生徒理論』~将棋や野球の能力を上達をする方法~はコチラ

『【冲方式】ストーリー創作術』冲方丁はコチラ

ショートショートの書き方~第1回~「if系」の創作についてはコチラ

小説のアイデアの生まれ方~第1回~『実体験に嘘を混ぜる』はコチラ

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です