人見知りを克服する方法『初対面の教科書』おちまさと著




(この文章は2008年11月4日に書いたものです)

はじめに(マニュアル本が好きな理由)

僕は自他共に認める、マニュアル本好きです。
ありとあらゆる自己啓発本やハウツー本を読み漁っています。

『人生楽して成功する方法』とか、その手のうさんくさいやつです。

「そんなの読んで効果あんの?」

と、軽蔑したような目をしながら、よく訊かれますが、

「効果などほとんどない」

と胸をはって言いたい。

むしろ、ほぼ役に立たないからこそ、マニュアル本は貴いのです。

マニュアル本は役にたたないという意味において、哲学に近いのではないか、もっと言えばニーチェに近いのではないか、と最近考えるようになりました。

役に立たないことこそ、真の意味での学問ではないかと。

が、そんな悠長なことも言っていられません。

できれば、なるべくすぐに、役に立って欲しいのです。

 

役に立つマニュアル本の見分け方

そして、中には実際に役に立つマニュアル本も、一握りですが、あるのです。

最近やっと(何百冊も読んだ結果)、役に立つマニュアル本と、役に立たないマニュアル本の見分け方に気づきました

役に立つマニュアル本には…

『具体的な行動』が書いてあるのです

どういうことかというと、ほとんどのマニュアル本には

「あきらめずにがんばれば、なんとかなる」

のような、精神論が書いてあることが多いのです。

そういう言葉に励まされることもありますが、大体三日も経てば忘れてしまいます。

それよりも

「毎日野菜を食べなさい」

のように、小さいことでもいいので、具体的に行動に移せることが書いてあり、具体的な結果が出るのが、よいマニュアル本だということです。

前置きが長くなりました…。

マニュアル本について語りだしたらキリがないので、そろそろこの辺で本の紹介に入りたいと思います。

 

人見知りを克服するには「初対面ジム」に通え!

さまざまな分野でマルチに活躍している、おちまさと氏が書いた『初対面の教科書』

こんな本をわざわざ買っていることからもお分かりのとおり、僕は相当、人見知りです。

しかし、最近、いろんな人に会うことが多い!初対面の機会がとても多いのです。

たくさんの人と出会えて、それ自体はうれしいことなのですが、なんとか緊張しないで、余裕を持って初対面の場に挑みたいのです。

この本にも、「相手をリスペクトしろ!」とか「謙虚な気持ちでいろ!」のような精神論が結構書かれていますが、そんなことはこの際、どうでもいいのです。

この本で一番感心したのは、

初対面で緊張しないようになるためには、場数を踏むしかない。

という結論に達したことです。

そして、「初対面ジム」に通うことが、推奨されています。

初対面ジムに通うとはどういう意味かというと、多くの初対面の場を自分で作ってしまうということです。
以下本文から大事なところを引用してみます。

『例えば、意識的にキオスクに足を運んでみましょう。キオスクのおばちゃんとの初対面を作り出すのです。最初はただ話をするだけでいいでしょう。うっとうしがられない程度の世間話の時間はどのくらいかとか、どんな話題を振ったら乗ってくるかとかを、読み取っていきます。そうしたら、徐々にハードルを上げていきましょう。テーマを決めて初対面に挑むのです。例えば、最後に「仕事大変ね」とか「頑張るんだよ」と言ってもらえるようにするなどです。最終的には「これ持っていきな、おばちゃんの奢りだよ」と、缶コーヒーをもらえるくらいまで、自分のスキルを磨いてください』

このほかにも、デパートに行ったときは自分で商品を探さずに、なんでも店員さんに質問して、話を盛り上げたり、

コンビニの店員に話しかけて「お互い大変ですね」と言わせたりすることを、実践しなさいと書いてあります。

このように、具体的な行動が書いてあると、役に立ちます。

さっそく僕も、交番で道を訪ねたり、古本屋のおじさんに話しかけたりしてみました。

人見知りを一刻も早く改善するために、今後もいろいろな人に話しかけていこうと思います。うざがられない程度に…。

 


 

ORICON発表の2018年作家売上ランキングの1位~10位が知らない人だらけで驚愕!【本】はコチラ

人生を楽しむマニュアルまとめ【恋愛・努力・才能・夢・お金・仕事】はコチラ

林修先生の絶対に使ってはいけない言葉まとめ【名言・格言】はコチラ

林修氏の名言『友達は少ないほうがいい』はコチラ

世にも奇妙な物語名作ランキングまとめ【コメディ・お笑い・最高傑作】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です