『やりすぎ都市伝説』福岡の海岸の神社の話が怖い!【墓石・ディレクター・島田秀平】




2019年12月28日に放送の『やりすぎ都市伝説』で島田秀平さんが話した、福岡の海沿いの神社の話を紹介してくよ~ん!

『やりすぎ都市伝説2019年』島田秀平さんの怖い話「福岡の海沿いの神社の暮石・行ってはいけない」

テレビのプロデューサーが数年前に実際に体験した話。

福岡の、海沿いの石段がある神社でロケをすることになったの。

撮影の前にスタッフ4人でロケ地に下見に行ったのね。

下見中にディレクターが、海のほうを観に行ったんだって。

3人で車で待ってもいつまでたってもディレクターが帰ってこないから、3人とも探しに戻ったのよ。

そしたら石段のところから、ディレクターが靴を履いてなくて裸足でとことこ歩いてるの。

 

「エヘヘヘ」とニヤニヤしてると思ったら、怒鳴ったり泣き出したりして、多重人格みたいに次々と性格が変わったのよ。

 

普通はこんな異常な状況になったら、その場から立ち去るわよね。

でもテレビ関係者だったから、テレビのネタになると思って奥を観に行ったのよ。

奥に小さい浜辺があって、テトラポッド(波消しブロック)のあたりにディレクターの靴が落ちてたんだって。

ADがそのあたりをデジカメで撮ったら

 

「うわああああ」

 

って悲鳴をあげたの。

 

ADが叫んだ理由は、デジカメで何もない海を撮ったはずなのに、顔認証のマークが何十個も小さく出たからなのよ!

 

そのあと波消しブロックをよく見たら、漢字で「南無阿弥陀仏」って書いてあって墓石だったの。

 

供養した墓石を、そのまま波消しブロックに使ってたのよ~ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!



福岡県の墓石の場所は、福岡市西区の今津干潟の海岸の神社のところ・心霊スポット


デパルマ三世
この墓石の話は西日本新聞でも取り上げられていて、海岸に約40メートルも古い墓石がならんでるんだって!

今のところまだ対応はされてなくて、そのまま墓石が並んでるみたい!

いくら魂抜きの供養をしたあとっていっても、戒名が見える状態の墓石がこんなに並んでたら怖すぎよね~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ふざけ半分で現地に行くのは、危険だからやめてくださいね~ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!



ホラー・心霊・怖い話おすすめ記事まとめだよ~ん!2020年の心霊番組・怖いテレビ番組

ホラー番組・心霊番組の2020年の放送予定をまとめたよ~ん【怖いテレビ番組】はコチラ

【2020年版】Amazonプライムビデオで観られるホラー映画・心霊番組・怖い番組動画まとめ【おすすめ・怖い話・夏】はコチラ

世にも奇妙な物語『23分間の奇跡』が怖い【一番怖い・名作・傑作・ホラー】はコチラ

『ほんとにあった怖い話(ほん怖)』ランキングベスト20を書いてみたよ~ん【2019・怖いテレビ番組・一番怖い】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です