『続・エーガ界に捧ぐ』中原昌也




まず、映画評論集なのにもかかわらず、映画についてほとんど書いていないのが、奇跡的だ。

書かれているのは、筆者の、文章を書くことに対する辛さの愚痴や、金がないという悲痛な叫びや、某政治家への呪詛の言葉など。

そして、ときどき映画についてもちょっと書く、という感じ。

映画について書かずに、映画連載を続けるというとんでもない芸当をこなせるのは、中原昌也氏しかいない。

雑誌『SPA!』に連載されていた内容を、本にまとめた第二作目が、この『続・エーガ界に捧ぐ』である。

イラストはリリー・フランキー氏が担当していて、僕にとっては、理想のタッグだ。

この本には、中原氏とリリー氏の対談が収録されているので(何回読み返したことか!!)、引用してみます。

 

リリー「しかしこの連載もさ、映画コラムと思ってる人はもういないよね」

中原「いやー、そうですかねぇ」

リリー「映画が変わっても、怒ってることは変わってなかったりするじゃん。あれは凄いよね。あれは純文学だよ(笑)」

中原「ありがとうございます、っていうのもあれですけど(笑)何か怒りの対象があって、それをじーっと睨みつけているその横を車が通り過ぎるみたいなことですよ。車が映画で(笑)」

 

映画について書いてある量は少ないが、映画の評論は完璧に信頼できる。

この本で絶賛されている作品を、いくつか挙げてみることにする。

 

『月曜日に乾杯』 オタール・イオセリアーニ監督

『パンチドランクラブ』 ポール・トーマス・アンダーソン監督

『スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする』 デイヴィッド・クローネンバーグ監督

『月の砂漠』 青山真治監督

『ライフ・アクアティック』 ウェス・アンダーソン監督

『ミスティック・リバー』 クリント・イーストウッド監督

『ヴィレッジ』 M・ナイト・シャマラン監督

『ジェリー』 ガス・ヴァン・サント監督

『トーク・トゥー・ハー』 ペドロ・アルモドバル監督

『犬猫』 井口奈己監督

『ファム・ファタール』 ブライアン・デ・パルマ監督

 

うーん…。凄すぎるラインナップだ。何か面白い映画を探している方がいたら是非!

中原氏が紹介している映画を僕は何百本も観てきて、大変楽しいときを過ごせたので(ごくたまにピンとこない作品もあったが…)もし中原氏に出会えていなかったらと思うと、ゾッとする。

 

●おすすめ関連記事

中原昌也と高橋源一郎の対談はコチラ

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】

小説の書き方まとめ【アイデア・プロット・キャラクター・文体・描写】はコチラ

『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』クリス・アンダーソンはコチラ

『最速でおしゃれに見せる方法』MBはコチラ

『WILLPOWER 意志力の科学』ロイ・バウマイスター ジョン・ティアニーはコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です