「しりとり開始」と「変なお釣り」と「オリジナルことわざ」の3本立て




以前アメブロで書いていた文章を、こっちのワードプレスのブログに転載することも多いのですが、一応こっちの新しいブログは毎回千文字以上にしようという縛りでやっているので、過去には500文字ぐらいのエントリーが結構あるんですがそういうのは文字数が足りないから転載できずにいたんですね。

ただ今日ふとアイデアが浮かびまして、短いエントリーをまとめてアップすれば、千文字以上になるじゃないかと。

どうせなら「サザエさん」みたいに豪華3本立てにしてみようと。

というわけで、まるで在庫の商品を詰め込んで福袋にして売るかのようなやり方で、過去のエントリーをアップしていきたいと思います!

 

しりとり開始

しりとりについて書いてみます。

『好きなものしりとり』というのを最近知った。互いに、自分の好きなものだけを言い合ってしりとりをしていくという遊びだ。

 

ダイヤ

(やだあ!あんた宝石好きなんや!)

 

→ヤンキース

(凄い!今俺もそう言おうと思ってた!ただ最近好きなのはレッドソックス!!)

 

→砂肝

(もう、うまいとこつくわね!ネギマも結構好きかも!)

 

盛り上がること間違いなし。しりとりをしながらお互いの好みも分かるという貪欲さ。

 

さて、しりとりの中でも意外と難しいのが『覚えてしりとり』ではないだろうか。

完璧に前の人が言った言葉を覚えていく。

 

クッキー

→クッキー・インド

→クッキー・インド・ドンタコス

 

少しずつ数が多くなってくると頭が混乱してくる…。

 

【ルール】や【縛り】があるとゲームは面白くなることが多いが、それは人生でも同じこと。

突然だが、今回の文章はある【ルール】に基づいて書かれていたのだ。

誰か、気付いてくれた人はいるだろうか?(完)

 

 

変なお釣り

 

コンビニで買い物して542円お釣りがもらえるはずだったんですよ!

 

で、店員(外国人)の方が、なぜか5円玉をたくさん手に乗せて数え始めたんですよ。

 

「何やってんだ!?」

 

って不思議に思って、だってお釣りに5円玉が2枚以上くることは通常あり得ないじゃないですか!?

 

「100円玉と5円玉を間違えてるのかなあ?」とか思ってたら、

 

500円玉×1枚

10円玉×2枚

5円玉×4枚

1円玉×2枚

計542円という、わけの分からないお釣りが来たわけですよ!

 

5円玉4枚ですよ!!

 

まあ、よく考えたら10円玉が切れただけなんでしょうけど、ノーコメントでそのお釣りをいきなり渡されたので、

「あっ…あっ…」

とか、こっちが逆にテンパってしまったという、どうでもいい話でした。

 

 

オリジナルことわざ

 

いつか自分オリジナルのことわざを作りたい!

そう思っている方も多いと思います。私もその一人です。

「ことわざのことを考えない日はない」と言ったら、嘘つきは泥棒の始まりに該当するでしょう。

ということで、新しいことわざをいくつか考えてみました。

 

【福助盆に帰らず】

お盆にも実家に帰らない薄情な子供のことをいうのが本来の意味だったが、お盆にも実家に帰らないくらい仕事に熱中しているまじめな子供のことをいう後者の意味が、昨今では浸透している。

 

【笑う角には福助来る】

いつも楽しそうに、にこにこしていると、福助が「楽しそうな場所があるぞ」と邪魔しにやってくる。楽しいことがあっても、周りの人に嫉妬されないように隠しておいたほうがいい、という教え。

 

【隣の福助はよく柿食う福助だ】

隣に引っ越してきた福助はよく柿を食っているが、他にやることはないのかしら、という教え。

 

 

●追記

初めての3本立ての試み、楽しんでいただけたでしょうか。そもそもこの「エッセイ」カテゴリーは僕のブログの中でもアクセス数がとても少ないので、このエントリーにたどり着いたあなたはお目が高い、と言えるでしょう。「しりとり開始」のルールは、当時ほとんど気づかれませんでした。ヒントは、タイトルにあります。是非考えてみてください!

 

エイトの日はコチラ

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

デパルマ三世の名言「小説家デビューするということは、『ある特殊なルールでの戦い』に勝つということ」【執筆編】はコチラ

デパルマ三世の名言『褒められたことだけ覚えていればいい』【日常編】はコチラ

スターバックスでなめられない方法はコチラ

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です