中学生向けの小説の書き方を解説しまっせ!【ネタ・プロット・キャラクター・初めて書く】




中学生のみなはん!

今日はわてが、おまはんたちに小説の書き方っちゅうもんを教えたるわ。

え、おっちゃんは誰なんって?

おっちゃんやのうてお兄さんやろうが!!

まったく、最近のガキ…、いや中学生ときたらほんまに~!

デパルマ三世
ただな、いきなりぎょうさん教えてもわっけ分からんくなるから3つだけや。
小説を書く時に大事な要素「ネタ・プロット・キャラクター」これだけ覚えて帰ってや~!!

小説のネタ探し・アイデアノート・面白い物語のアイデア例

デパルマ三世
小説のネタっちゅうのは、まあ物語のアイデアのことやな。
例えばなあ、

「田舎へ引っ越すことになった家族と、子どもにしか見えない不思議な生き物トトロが出会ったらどうなるか」

っちゅうのが物語のアイデアや。

なあ、独特で面白そうやろ?

ただなあ、わて人生で1回も『トトロ』の映画観たことないねん!!それがわての自慢やねん!!

 

まあそれは置いといてやな、ネタで大切なのは、できるだけ他の人とかぶらないほうがええっちゅうことや。

そりゃそうやろ、みんなヒョウ柄の服ばっかり着とったら自分がヒョウ柄の服を着ても目立てんわけやからな。

で、どうやって自分だけのオリジナルのネタを探すっちゅうとやな、わての一番のおすすめは

 

「実体験に嘘を混ぜる」

 

ちゅうことや!

 

たとえばおまはんが、学校で放送委員をしとるとするわなあ。

そしたら、放送委員の小説のネタが出てくるわな。

ただ、そのまま書いてもたいていの場合は事件も起こらないしおもろうないんや。

だから、そこに嘘を混ぜる。

たとえば、

放送委員の実体験に嘘を混ぜる例

放送室に幽霊が出るホラー小説とかな

放送室でタイムスリップができるSF小説とかな

放送室で全校生徒に聞こえるように愛を告白する恋愛小説とかな

放送室で子供の頃にしか見えない不思議な生き物に出会うファンタジー小説とかも、いいんちゃう?

 

実体験に嘘を混ぜれば、小説のネタなんてぎょうさん出てくるで!!

デパルマ三世
浮かんだアイデアは忘れないように、どんな小さいもんでもノートとかにメモしておくんやで!


小説のプロットの書き方・作家・ミッドポイント理論

デパルマ三世
小説のプロットちゅうのは、物語の筋書きのことやな。
物語がどうやって進んでいくか、ちゅうことや。

一番有名なプロットが4コマ漫画でも使われている「起承転結」やな。

最初のコマで始まりがあって、2コマ目で引き付けて、3コマ目で「どうなる?」というピンチの展開にして、4こまめで「オチ」や。

これを小説でもやるんや。

メリハリがないと、小説もおもろうないんやな。

もちろん「起承転結」を無視した実験的な小説もあるんやで。

 

ただそれは上級者用やから、いきなりそんなん書かなくてええからまずは基本や。

でな、プロットはいろいろな書き方があって正解は特にないんやけど、わてが一番おすすめしとるのは

「ミッドポイント理論」

っていう書き方なんやな。

 

おい、いきなり難しそうな横文字が出てきたから鈴木がパニックになっとるやないか!

安心せい、鈴木、わてが今から分かりやすく説明するっちゅうねん!

ミッドポイント理論はハリウッド映画の脚本でよく使われている書き方なんやけどな、すごいシンプルにこれだけ守ってくれってのを言うで。

 

「物語の真ん中で、話を大きくガランと変える」

 

これを意識するだけで小説は面白うなるんや。

なんでそんなことになるかっていうと、映画を観てもらえれば分かるんやけど2時間の映画を観る時は、1時間目で何が起こるかに注目してほいしんや。

90%以上の映画で、1時間経ったあたりで話がガラっと変わる。

例えば前半1時間はコメディタッチで進んでいたのに、後半1時間はシリアスなトーンになったりやな。

ちょうど1時間あたりで、登場人物の誰かが亡くなる映画も多い。

観客がだれてくるところで、物語を盛り上げるんやな!

 

そやからおまはんも小説を書く時は、物語の真ん中で話を切り替えるような事件を起こすことを意識してみい。

原稿用紙100枚の小説を書くなら、50枚のところや。

パソコンで1万文字の小説を書くなら、5000文字のところやで!

小説のキャラクター・登場人物の書き方・作り方

デパルマ三世
キャラクターは、小説で1番大事かもせえへんなあ!
魅力的な登場人物を作り出せば、それだけで物語は輝きだすんや!

作家の村上春樹はんのキャラクターの作り方は

「周りの人を良く観察する」

ちゅうことや。

クラスに面白い奴や変な奴がいたら、多少アレンジして小説に出してしまえばええんやで。

 

キャラクラーを考える時は、弱点を作るのも大事やな。

弱点がその登場人物の魅力になるからや。

ウルトラマンの弱点は3分間しか活動でけへんってことや。

孫悟空の弱点は、しっぽを握られるとヘナヘナするっちゅうことやな。

 

『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛戸呂彦さんは、『なにがしたい人なのか』っちゅう動機からキャラクターを考えるみたいやな。

たとえば

動機からキャラクターを考える例

生徒会長を目指してクラスのみんなからの票集めのために努力しているけど実はドラキュラな中学生

 

お金持ちになりたくてYouTubeを始めたけど実はドラキュラな中学生

 

とかやな!

というわけでな、今日教えた「ネタ・プロット・キャラクター」この3つを意識して小説を書くのを頑張ってな!

おい、どうしたおまはんたち?

デパルマ三世
いやいやお礼なんていいっちゅうねん、金なんか取らんわ!
わてはボランティアで教えとるんやから、水臭いなあ。

まあなあ、一応伝えとくと、わてのカバンと財布にはまだ若干の余裕があるねんけど……。



小説の書き方まとめ・小学生の小説の書き方・作家のデビュー年齢・小説を書く道具

小説の書き方まとめ【アイデア・プロット・キャラクター・文体・描写】はコチラ

小学生向けの小説の書き方【初心者・子供・中学生もOK・基本・疑問に答える】はコチラ

小説を書くときに役に立つ道具まとめ【執筆環境・パソコンソフト・ノート】はコチラ

作家がデビューした年齢まとめ(132人版)はコチラ

一人称と三人称の違い【小説・視点のブレ・三人称一元視点・神の視点】






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です