ポメラDM30の価格が大幅に値下がりしています!【ブログや小説を書くのにおすすめ・ポメラDM200との比較】

ポメラDM30の価格がめちゃくちゃ下がってますね!

2018年12月ごろはAmazonで29800円だったのが、今見たら18000円(2019年7月18日時点)と1万円以上値下がりしています!

値下げした理由は分からないのですが、かなりお得ですね。

【比較】ポメラを買うならDM30かDM200の2択でOK。DM100はポメラマニア向け



デパルマ三世
ポメラはいろいろ種類があってどれを買うか迷うと思います。

が、基本的には最上位機種の【DM200】(2016年発売)か、価格が下がってコンパクトで持ち運びやすい【DM30】(2018年発売)の2択でOKです!

このブログでは、漢字変換などの機能が一番優れている最上位機種の【DM200】を基本的に推奨していまして、今のところ僕はDM200を使っていて満足しています!

「DM200」のデメリットとしては、まあまあ大きい、ということと、まあまあ値段が高い、ということで、それを許容できる方はDM200でいいと思います。

(DM200は500ミリのペットボトルよりやや大きいくらいのサイズです。重さは580グラムです。)

ただ、【DM30】も大幅に値段が下がっているので、用途によってはこちらのほうが向いている方もいると思います。

DM30の一番のメリットは、折りたためてコンパクトにどこにでも持ち運べびやすいところだと思います!

また、2011年に発売された「DM100」はサイズ的にDM200と同じで、DM200のほうが漢字変換やデータ容量などあらゆる機能が向上しているので、DM200を買えば問題ないです。

 

デパルマ三世
DM100のメリットとしては、DM200より起動が1~2秒速いみたいな細かいポイントがあるのですが、そこに拘るのはよほどのポメラマニアだと思います!

初めてポメラを買う方は【DM200】【DM30】のどちらかで問題ないでしょう!

DM200,DM30,DM100の詳細な比較は下のエントリーに書いてあるので良かったら!

(注:僕はDM200,DM100は使ったことがありますが、DM30は使ったことがありません)



ポメラDM30の特徴はとにかくコンパクトで持ち運びしやすい!乾電池式の充電・評判も良さそう・メリット・デメリット・レスポンスの反応が悪い!?

ポメラ【DM30】はネット上の評判も良さそうです。

デパルマ三世
もともとは、元祖ポメラDM10の時代からコンパクトで持ち運びやすいのがポメラのウリでしたからね!

ただ少し気になったのが、DM30のAmazonレビューなどを観ていると、「レスポンスの反応が悪い」みたいな意見もありましたね。

ハイスピードでタイピングすると、入力や漢字変換してから画面に文字が出るまでラグがあるということですかね。

【DM200】はそんなところは気にならないのですが、【DM30】がどのぐらいタイムラグがあるのかは気になるところです。

購入する際は、その辺が許容できるかどうかも考えて検討したほうが安心ですね!




ポメラおすすめ記事まとめ【DM200・使い方・仕事術・妄想小説】

ポメラDM200は小説・ブログを書くのにおすすめ!【レビュー・DM100、DM30との比較・価格】はコチラ

ポメラDM200をベッドの近くに置いたら小説とブログの作業が捗りました【使い方・ハック】はコチラ

ポメラDM200の使いこなし方!風呂上がりに小説とブログのアイデアをメモるはコチラ

ポメラDM200を持った一日を想像してみよう!【妄想小説・キーボード】はコチラ

ポメラ妄想小説『おっちょこちょい新人社員篇』【ポメラDM200・仕事・会社】はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です