高城剛氏と沢尻エリカ氏の報道について




(この文章は2010年5月7日に書いたものです)

高城剛氏についてはこのブログでも何度か書いているので、一応僕の意見を。
今回の一連の報道はかなり腹立たしいなあ!!

高城剛って人は本当にすごい人なんですよ。今回ひどい報道をしたマスコミ関係者は、『高城剛の大穴イッパツ』を今すぐアマゾンで注文して3回読んで出直して来い!!って話ですよ、ほんと。

「アイデアと移動距離は比例する」というウンベルト・エーコの台詞を若い頃から身を持って実践している、エネルギーもクリエイティブ能力もめちゃくちゃある方なのだから。

そもそも沢尻エリカの「別に」の事件だって、全然大したことじゃなかったわけで。
だって毎日忙しく頑張っているときに、会見でアナウンサーにくだらない質問をされたら不機嫌になることぐらいあるでしょう?

まあ不機嫌になってたのは他の理由かもしれないけど、それは僕には良く分からないけど、確かにあのコメントで映画関係者に迷惑をかけたかもしれないけど、謝ってるんだから
「ドンマイ!次から気をつけてね!」
で、すむ話でしょう。
それをアンポンタンなマスコミが毎日のように報道して…。

それで今度は一度叩き落した沢尻エリカを急に持ち上げて、高城氏のほうを理不尽な理由で叩き落すという。夫婦の問題なんだから、口出しすることでもないのに。
マスコミってのは、文化人や芸能人を叩くのではなく、権力を握っている奴をもっと叩くべきでしょう!!

この国のマスコミは、真剣に頑張っている才能のある人を叩き落そうとする最悪な人がたくさんいることが良く分かりました。

 

●追記
高城剛と沢尻エリカが離婚するとかで揉めてた時期に書いたエントリーですね。当時、高城さんがマスコミに「怪しい人」みたいな感じでバッシングされまくってて、それに相当怒ってましたね。
僕は高城さんのことはかなり前から著作などで知っていて尊敬していたので、高城さんの凄さが世間にまったく伝わっていないことが残念でした。

そして、僕がマスコミ不信になるきっかけにもなりました。マスコミは平気で嘘をつき、あることないことを書くんだということが良く分かりました。

この国のマスコミは、ある人間を持ち上げて、そして急に叩き落すのが大好きですね。くわばらくわらばら。

今でもワイドショーとかは全く見ませんし、テレビや雑誌の情報はほとんど信じていないですね。
信じるのは、信頼している人が発信している情報だけです。

『高城剛の大穴イッパツ』高城剛はコチラ

高城剛氏の名言まとめ『好きな言葉は…』はコチラ

『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明』高城剛はコチラ

人生を楽しむマニュアルまとめ【名言・努力・才能・夢・お金・仕事】






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です