高城剛氏の名言まとめ『好きな言葉は…』




高城剛さんのXCOOL RADIO Podcat(2005年)のインタビュー音声に出てきた名言をまとめてみます。この音声は好きで、何回も繰り返し聞いています。高城さんが41歳の時ですね。

 

森博嗣氏の名言「こんなに頑張っているのに、どうして…」はコチラ

村上春樹氏の名言「人生においていちばん大事なのは…」はコチラ

名言1:大学のときは働くのが嫌で、車の中で暮らしていた。2年半家無し

※コマーシャルの監督などは大学在学中に行っていたので、お風呂は撮影スタジオで入っていたとのこと。
また女性を「今日泊まりたい」と口説いて、彼女も目的だし飯も目的だし風呂も目的だし、うまくいけば服ももらえるんじゃないか、と期待していたとのこと。

名言2:クリエイターや映画監督は昔から、半分ヒモみたいなもん

※ヒモが切れて、今はモバイル人生になったとのこと。

名言3:30分暖炉ばっかり映っている番組を作った(高城剛の映像制作)

※日大芸術学部在学中、ニューヨークに映像の勉強に行っているときに、パブリックアクセスというところで30分の枠を買って作った番組。冬だから寒いだろうということで作ったとのこと。

名言4:NHKのドキュメンタリーで、高校の教室で焼き肉を作って食べていたことをばらされた

※机の中に鉄板プレートを入れていて、昼休みに焼肉を食べて帰る、という生活をしていたとのこと。

名言5:ライブハウスで観客300人にカメラを持たせて、300カメで撮った映像を作った

※ミュージシャンが観客にカメラを向けられることで、いつもと違う映像が撮れた。

名言6:パソコンや電子レンジは分解して中を見る

※中を見ないと納得ができない。何が良くて何が問題なのかを感じておかないと、とのこと。

 

森博嗣氏の名言「笑いたまえ。いくら努力しても…」はコチラ

名言7:情報ダイエットする

テレビも持っていないから観ない。恵比寿にAFURIっていうラーメン屋があるんだけど「AFURIってうまいラーメン屋あるんだよ」というと「知ってる知ってる」と大体言われる。行ったこともないのに「知ってる知ってる」って2回も言って、ネットとかテレビで知ってるだけなんですよ。しかもそういう奴って大抵太ってるんですよ。だからテレビのラーメン情報とか観るのはやめないとだめです。僕はウェブも観るのをやめました。

とのこと。街に出て感じろ、とおっしゃっていました。

名言8:おとといのことは覚えていない

※禅の心境だ、とお坊さんに言われたとのこと。

名言9:好きな言葉は高城剛

本田圭佑さんがプロフェッショナルの番組で、プロフェッショナルとは何か、という質問に対して、

「プロフェッショナルとはケイスケホンダです」

という名言を残しましたが、その十年以上も前に好きな言葉を訊かれた高城さんはそれに近いことをすでに言っているわけですよね。

「好きな言葉は高城剛」ですからね。かっこよすぎるじゃないですか!!

ただそれぐらい自分を好きになることが、夢を叶えるということなんだと、高城さんは言ってるんですね。

名言10:真剣に遊んで真剣に働く

※仕事も遊びも時間をたっぷりつかってください、そのために体力をつけてください。体脂肪率は9パーセントとのこと。

 

やはり、高城さんは名言率が半端ないですね。今まで高城さんについて書いた文章の中でも、名言が出てきますので良かったら。

「アイデアと移動距離は比例する」についてはコチラから→『高城剛の大穴イッパツ』高城剛

「いかにして、自分と徹底的に向き合うか?」についてはコチラから『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明』高城剛






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です