欽ちゃん(萩本欽一)の名言「好きでもない仕事に就いた人に名人が多い」




「林先生が驚く初耳学!」(毎日放送・TBS系列)で、欽ちゃん(萩本欽一氏)が77歳で大学(駒澤大学仏教学部)に通っていることが先日放送されました。

その時語られていた、欽ちゃんの仕事論を紹介していきます!

林修先生の名言「仕事ができる人の条件は解決する能力と創造力」【初耳学】はコチラ

世の中に自分の好きな仕事に受かる人は2割くらいしかいない(林先生が驚く初耳学!)

同級生の就活中の女子大生に「一番行きたかった会社に落ちてしまった」と相談を受けた欽ちゃんは、

「世の中に、自分の好きな仕事に受かる人は2割くらいしかいない」

とアドバイスします。

欽ちゃんは、「名人」とか「名工」と呼ばれる職人さんにインタビューに行く機会があったそうです。

包丁を作っている鍛冶職人の方に

「小さい頃からこの仕事をやりたかったんですか?」

と訊いてみると

 

 

 

 

「いや、商社マンになりたかったです」

 

って言われたらしいんですね。

ただ家業で継がなくちゃいけないから、仕方なく鍛冶職人になったと。

商社マンと鍛冶職人じゃ、人生が全然違いますよね。

かたや世界を股にかけて飛び回るイメージ、かたや工房でずっと黙々と作業しているイメージ…。

ただ、鍛冶職人の仕事をやっていくうちに、だんだんできるようになっていって、好きになってきたと。

それでいつの間にか、名人の腕前になっていくんですね。

このように、欽ちゃんがいろんな名人にインタビューしていくと、最初は今の仕事がやりたくなかった方が多くいたらしいんですね。

そこで欽ちゃんは、

「好きでもない仕事に就いた人に名人が多い」

という真理を発見していきます。

欽ちゃんも初めは司会をやりたくなかった(一流は嫌いな仕事を好きになった人)

欽ちゃんは、仮装大賞などで司会として活躍しているイメージが僕の中であって、もともと司会の仕事が好きなのかと思ったら、そうではなかったらしいんですね。

欽ちゃんは、初めは司会なんてやりたくなかったそうです。

周りからやってくれと頼まれて、仕方なくやった。

それが結果的に評判が良かったんですね。

つまり「自分がやりたいこと」よりも、周りから頼まれたりする「自分ができること」をやってうまくいったわけです。

これは林修先生が言っていることと同じですね。

 

林修先生から高学歴ニートへ送る名言「仕事は『やりたいこと』より『できること』」はコチラ

林修先生の名言「仕事に好き嫌いは関係ない」はコチラ

 

あと作家の森博嗣さんも、「やりたいこと」と「できること」を一致させる必要はない、と述べてますね。

森博嗣氏の名言「こんなに頑張っているのに、どうして…」はコチラ!

 

欽ちゃんも林修先生も、「やりたいこと」を仕事にすることを否定しているわけではないんですよ。

ただ、「やりたいこと」をいきなり仕事にできる人というのは、現実的にほとんどいないんです。

商社マンになってドバイでブイブイ働きたい、って言っても、なかなかその通りにはならないんですね(仮に商社マンになれたとしても、他の国に行くかもしれませんし)

だから、「やりたいこと」ができなくても、頼まれた仕事や、自分のできる仕事をしっかりやっていくことで、道が開けることもあるんだと、お二人はそういうことを言っているのだと思います。

 

転職活動なら【doda(デューダ】が評判が高くてオススメ!

現在の仕事で、自分のできることもやりたいこともできていない方は、転職活動も視野に入れてますよね。

そんな方は、転職のプロたちによる「転職活動サポート」が受けられる【doda(デューダ】を利用してみるのもいいかもしれません

 

 

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

関連記事

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

林修先生の絶対に使ってはいけない言葉まとめ【名言・格言】はコチラ

『林修の仕事原論』「どう生きるか」とは「どう仕事するか」!?

林修氏の名言『努力はベクトル量と考える』【本】

林修氏の名言「1カ月頑張れるかどうかで人生が変わる」【受験・勉強】はコチラ

林修氏の名言『友達は少ないほうがいい』はコチラ

林修先生の恋愛の名言まとめ「どういう女の子を好きになればいいか」【あすなろラボ】

林修先生のレギュラー番組まとめ【今でしょ!講座・初耳学・ニッポンドリル】はコチラ

林修先生の名言「本気で仕事に打ち込むときの集中のコアタイムを作る」はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です