将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】




将棋マンガの連載が最近増えてきて、将棋好きとしては嬉しいですね!

デパルマ三世
僕が好きな将棋漫画を紹介していきます!

『月下の棋士』能條純一(著)【羽生善治さんをモデルにした主人公】

『月下の棋士』~あらすじ~
天才棋士・氷室将介が名人になるために、次々と個性的なキャラと戦っていく物語です。

将棋漫画で僕が一番好きなのはこの作品ですね。

ドラマ化もされたのですが、予告を観るだけで毎週腹を抱えるぐらい笑えました。

現実離れしたぶっ飛んでる奇妙なストーリーがクセになります。



『3月のライオン』羽海野チカ(著)・アニメ・映画はAmazonプライムで観れます!

『3月のライオン』あらすじ
天才と呼ばれる少年がプロ棋士として活躍しながら、周りの人間模様も同時に描かれていきます。

おそらく将棋漫画で、一番有名で人気があるのがこの作品ではないかと思います。

人間ドラマが熱いですね~。主人公のライバルの二階堂君が好きです。

『3月のライオン』のアニメ版と映画版はAmazonプライムでも観れますよ!

【公式ページ】Amazon Prime30日間無料体験申し込みはコチラ

 



『ひらけ駒!』南Q太(著)【『ひらけ駒!return』がWEB漫画雑誌『ベビモフ』で連載中!】

『ひらけ駒』あらすじ
小学生の少年とお母さんが、二人三脚で将棋に取り組んでいく話です。

読んでいて一番感動したのがこの漫画ですね。

僕の好きなシーンで、主人公の少年がアマチュアの四段ぐらいになったときに、将棋道場に来ていたおじさんと対局します。

そのおじさんは級位者でまだそれほど強くありません。

対局後におじさんは

「俺は何の取りえもなくて、将棋を始めた年齢も遅い。今から初段を目指してるんだけどなれるかな? 無理だよな?」

みたいに聞いたら主人公の少年が

 

「なれるよ」

 

と答えるシーンがあるんですね。

派手さはないですが、ジワジワと感動する場面が多い誠実な作品です。

ずっと連載休止していたんですが、『ひらけ駒!return』として過去に戻った設定で、WEB漫画雑誌『ベビモフ』で連載再開してるみたいですね!





『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル(著)

『ハチワンダイバー』あらすじ
将棋のプロ棋士になれずに真剣師になった主人公が、将棋バトルに巻き込まれていく話です。

将棋が強い人が社会を牛耳る世の中を目指す、という設定は面白いですね。

僕は、政治家や官僚よりも、将棋のプロ棋士の方が日本の政策を考えた方がうまくいくと思っています。



『ものの歩』池沢春人(著)【ジャンプで連載していた将棋漫画】

『ものの歩』あらすじ
高校生の主人公が引っ越しした下宿先が、たまたま将棋のプロを目指す奨励会員が暮らすところだったところから、主人公も将棋にのめり込んでいきます。

少年漫画っぽくテンポがよく、ギャグも多くてかわいい女の子も出てきて、将棋のルールがわからない人でも楽しめるように工夫されています。

さらに、

「人生は結果が全てなのか」

「結果の出ない努力は無駄なのか」

「要領の悪い人間は損をするのか」

など、多くの深いテーマに触れています。もっと続いて欲しかったですね。



『将棋の渡辺くん』伊奈めぐみ(著)作者は渡辺明二冠の奥様【週刊少年マガジン】

『将棋の渡辺くん』あらすじ
トッププロ棋士の渡辺明二冠の日常がほのぼのと楽しめます。

プロ棋士って毎日どんな生活をしているんだろう、と不思議に思っていたので参考になりました。

渡辺明さんの理論立てた論理的な考え方が僕は好きなのですが、非論理的(ぬいぐるみに話しかけるなど)な生活も同時に描かれて、そのギャップに萌えますね。



『聖―天才・羽生が恐れた男』山本おさむ(著)【奨励会やプロ棋士の大変さがよく分かる】

『聖―天才・羽生が恐れた男』あらすじ
病気を抱えながら将棋に打ち込んだ天才棋士・村山聖さんの人生を描いた作品です。

実話を基にしているかなり重い作品で、将棋でプロになる大変さがよく分かります。

 

「終盤は村山に聞け」

 

という言葉が棋士の間であるぐらい、村山聖さんの終盤の鋭さは圧倒的でした。

『3月のライオン』の登場人物の二海堂晴信は、村山聖さんをモデルにしていると思います。



『ヒカルの碁』ほったゆみ・小畑健(著)【名言】

『ヒカルの碁』あらすじ
平安の天才棋士・藤原佐為の霊が小学生のヒカルの中に入り込んで、一緒に囲碁を指していく話です。

最後におまけとして将棋ではなくて囲碁ですが。

初めて『ヒカルの碁』を読んだ衝撃は今でも忘れられません。

「少年ジャンプで囲碁って!」と当初は思ったんですが、囲碁のルールがまったくわからなくても凄さが伝わってきます。

『ヒカルの碁』で一番好きな名言は、ヒカルのライバル、塔矢アキラの以下の台詞です。

 

『不遜でも自惚れでもない。彼と互角に対峙できるのは僕しかいない!!』

 



将棋漫画これから読みたいもの『リボーンの棋士』鍋倉夫(著)・ジャンプ新連載『ふたりの太星』福田健太郎(著)・ゲッサン少年サンデーコミックス『からかい上手の高木さん』山本崇一朗(著)

デパルマ三世
『リボーンの棋士』など話題になっていてまだ読めていない将棋漫画も多いので、これから読んでいきたいと思います!

 





関連記事おすすめまとめ

【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

将棋盤オススメまとめ【どこで買える・サイズ・折りたたみ・高級・子供】はコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

藤井聡太七段のおすすめ記事まとめ【2019年現在の対局結果・通算成績・記録・伝説の手】はコチラ

プロ棋士通算対局数ランキングまとめ(羽生善治竜王が通算2000局達成!)はコチラ

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です