小説の新人賞の傾向や対策を考えて応募するべきかどうか【2020年・おすすめのやり方】




小説の新人賞に応募する場合、

①前もってどの新人賞に送るかを決めて、傾向や対策を練ってから小説を書くやり方

②とりあえず作品を書き終えてから、どの新人賞に送るか決めるやり方

があります。

デパルマ三世
それぞれのメリットとデメリットを紹介していきますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

どの新人賞に応募するかを決めて、対策や傾向を練って小説を書くメリットとデメリット【小説家新人賞応募方法おすすめ・2020・2019】

デパルマ三世
過去の受賞作や選考委員の顔ぶれを見て、対策や傾向を考えて戦略的に小説を書くパターンですね!

【メリット】

締め切りがあるので、モチベーションが上がる。

制約からアイデアが生まれることもある。(例・ホラーの賞で枚数は400枚以内でキャラクター重視のコンテストだから、こういう作品にしよう、など)

過去の受賞作などから、傾向や対策を練ることで、賞に合った作品を書ける。

【デメリット】

締め切りがあるので、焦る。

自分の応募したいジャンルの新人賞が、募集していない時期がある。

対策や傾向を練って書くと、過去の受賞作と似たような作品になりがち。

【うまくいったプロ作家の例】

「江戸川乱歩賞」を受賞してデビューしている人は、結構、対策を練って書いている方が多いイメージがあります。

どのタイミングで事件を起こせばいいかとか、どういう題材を使えばいいかとか、明らかに、賞の好みの作品の傾向があるみたいですね。



とりあえず自由に小説を書き上げてから、どの新人賞に応募するか決めるメリットとデメリット

デパルマ三世
どの賞に応募するか決めずに、とにかく自分の書きたい作品を書くパターンですね!

【メリット】

自分の好きなことをのびのびと書ける。

締め切りがないので、焦らなくてよい。

過去の受賞作とまったく違った、新しいオリジナルの作品ができ上がる。

【デメリット】

締め切りがないので、ダラダラ怠けがち。

何でも書いてよくて自由過ぎて、何を書いたらいいか逆に分からなくなる。
(恋愛でもSFでも時代小説でもよくて、短編を書いても長編を書いてもいいわけですから、自由過ぎて混乱してしまう人もいると思います)

ひとりよがりな作品になってしまうこともある。

【うまくいったプロ作家の例】

京極夏彦さんは作品『姑獲鳥の夏』を書き上げたあとに、どこの出版社に送るかを探して、講談社に送ってデビューしました。

どの新人賞に送るかも決めてなかったから、あんなに長い枚数の作品(普通の新人賞ならば規定枚数オーバー)を書くことができたんですね!

プロの作家はどちらのやり方でデビューした人が多いのか!?

これは難しい問題で、おそらく同じぐらいの割合ではないかと思います!

なので、一概にどちらのやり方が正解、というわけではなさそうです。

デパルマ三世
小説を書く前に応募する新人賞を決めるかどうかは、それぞれメリットとデメリットがあるので、自分に合ったやり方を試してみてください(*’▽’)

短編ミステリー新人賞の傾向と対策

東京創元社主催の『ミステリーズ!新人賞』傾向

→本格的なミステリーが求められる。

双葉社主催の『小説推理新人賞』の傾向

→文体や構成が目立つ賞が受賞しやすい

(例:湊かなえさんのデビュー作『聖職者』

東京都北区主催の『北区内田康夫ミステリー文学賞』

→ミステリー要素よりも物語自体の面白さが求められる。

心温まるハッピーエンドも多い。

 

デパルマ三世
僕はこれらの賞の傾向と対策を練って、3つの賞すべてで一次選考落選しているので参考程度に聞き流していただけると幸いです!
 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です