分割睡眠したら会社に寝坊しました




(この文章は2018年1月15日に書いたものです)

分割睡眠の凄さについて、先日ブログに書いたんですが、考え方を根本から改めなければいけない事件が起きました。

仕事をしながら小説を書く方法【帰ったあと・早起き・分割睡眠】はコチラ

 

先日、会社に寝坊してしまったんですね。

経緯を書きますと…。

まず木曜の夜。9時から18時までの仕事が終わって帰ってご飯食べて、19時半ぐらいに寝たんですね。

ここで分割睡眠の僕のルールだと、2時間だけ寝るはずなんです。

起きたら23時になってました。

 

3時間半寝てるんですね。

 

この時点ですでに計画がずれ始めています。

まあいいと。ちょっと多めに寝たから、後半の睡眠時間を変えればいいと。2回合わせて8時間寝ればいいので。

というわけで、朝の3時まで執筆して、集中できてめちゃくちゃ捗ったんです。

 

「分割睡眠凄いな。仕事ある日もこんなに書けるなんて。こんなこと毎日やってたら、今年確実にデビューできるな」

 

とワクワクしてたんです。

正直、「王様の耳はロバの耳~」みたいに、どこかの穴に向かって、「分割睡眠でデビュー確実~!」と叫びたい気分でした。

それで朝の3時に、目覚ましを7時半にセットして寝ました。これで4時間半寝れば、ちょうど8時間睡眠になるので。

ちなみに僕は、時計の目覚ましと、携帯のタイマーで、2個セットしてるんですね。携帯は、機内モードにして電話とかは鳴らないようにして、タイマーだけセットしてます。

それで朝起きたら、

 

10時になってました。

 

時計と携帯の2つのタイマーとも、全く聞こえてませんでした。

焦って携帯の機内モードを解除して着信を見ると、知らない番号から3件着信がきてました。

会社からだと思ってかけ直して、

「すみません、今起きました」

と正直に言って、そこから準備して会社に向かって、

着いたのが11時でした。

 

2時間の遅刻ですね。

 

で、今回は…。

「なんかあったと思って心配したよ、ワッハッハ」

みたいな感じで、上司も同僚もにこやかで、笑い話で終わったんです。

ただですね、

分割睡眠初めて数日で寝坊ですからね。

遅刻なんて今後頻繁にしてたら、マジで職場行きづらくなるわ…。

というわけで、もう怖くて分割睡眠できません。

しばらく封印します。

ああ、仕事をしながら小説を書くって、本当に大変ですね。

 

追記

分割睡眠の改善点として、1回目の睡眠で今回のように多く寝てしまっても、2回目の睡眠は25時半までに寝る、というのを徹底したほうが良さそうですね。2回目の睡眠を27時(朝3時)からにするのは寝坊するリスクがあり過ぎるので…。

ただ、2018年9月時点の僕の結論としては、やはり小説をコンスタントに書くためには、僕の場合は仕事をする日にちを減らすしかない、ということですね。週5の仕事ではなく、週2,3に減らして、それで生活していけるような環境を作ると。安い部屋に引っ越したりルームシェアをしたり実家で暮らしたりと、方法はひとによってさまざまだと思いますが、とにかく週5で8時間働く、というところから変えていくしかない、と考えるようになりました。

 

小説を書くときに役に立つ道具まとめ【執筆環境・パソコンソフト・ノート】はコチラ

すばる文学賞の一次選考を通過しました、はコチラ

野生時代フロンティア文学賞の一次選考を通過したよ~んヽ(゚◇゚ )ノはコチラ

ネットで、ミステリー短編賞の傾向等を言い当てる男についてはコチラ

ショートショートの書き方~第1回~「if系」の創作についてはコチラ

小説のアイデアの生まれ方~第1回~「実体験に嘘を混ぜる」はコチラ

原稿用紙換算枚数をどうやって計算するかはコチラ

小説現代ショートショート・コンテストで入選しましたはコチラ

ミステリーズ!新人賞と小説推理新人賞の一次選考の結果が…はコチラ

作家がデビューした年齢まとめ(132人版)はコチラ

小説の書き方まとめ【アイデア・プロット・キャラクター・文体・描写】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です