林修先生の『初耳学!』の恋愛の名言「初デートの開始時間は8時からが正解!」




『林先生が驚く 初耳学!』(2018年8月12日放送回)で紹介されたデートのベストな開始時間について引用していきます。

ネットで掲載された恋愛の記事の内容を、林修先生が紹介していました!

 

林修先生の『初耳学』の名言「バレンタインの手作りチョコは温度を上げて変形しただけ」はコチラ

林修先生の初耳学の恋愛の名言「初デートの開始時間は8時からが正解!」【失敗を考える】

林:ではその記事では、何時が正解だったか。

こちらです。

 

「初デートの待ち合わせは夜8時にすべき!」

 

もちろん明確な理由があるんですけれども、

仮に7時にしましょうか。

2時間ぐらいの間でもし盛り上がらなかったら、7時に始まって9時で終わり。

盛り上がらないと、街がみんな元気な状況で、スゴスゴ帰らなけきゃいけない。

それに対して、8時からスタートすれば、2時間食事して10時でしょ。

もし失敗したとしても10時に帰してとけば、なんかいまいちだねって感じではなく、時間的に仕方ないから解散したって言う風に演出ができますよね。

ヒロミ:失敗ありきで動かなきゃいけないのね。やっぱり。でも盛り上がったらいいんだもんね?盛り上がって9時。

林:盛り上がって9時。

そうしたら次行こうかってなりますよね。そんなにみんな、相手にベストな話のネタを用意できます?

もし二軒目に行ったときに、これちょっとネタ切れ起こしそうだとかっていうのがあると、だんだん話すトーンがおかしくなるので。

これ10時で終わりって見えてれば、全部突っ込めるじゃないですか!

 

~『林先生が驚く 初耳学!』の2018年8月12日放送回~より引用



「初デートの開始は8時から」の感想

初デートを8時待ち合わせすることには、完璧に賛同しますね。

初回の食事では、僕はよほどのことがない限り1軒目の二時間で切り上げると決めているので、20時~22時で解散するのが印象がいいです。

食事のとき、何を訊くかも大体決めています

初デートの会話を盛り上げる方法【男・女・付き合う前・沈黙にならない】はコチラ

 

で、初回デートは早めに切り上げてまだ盛り上がってる段階で解散することで、次の食事がお互い楽しみな状態にします。

(ちなみに、次にいつ会うかの約束も、僕はその日の食事中にします)

また、林先生が勧めていた『東京いい店やれる店』(ホイチョイプロダクションズ著)は僕も買いまして(以前他の番組でも紹介してましたらね)、この本は恋愛をロジックで攻略していく素晴らしい本ですね。

デートに使える「いい店」の定義と条件は!?『東京いい店やれる店』

『東京いい店やれる店』に、「デートに使えるいい店」の定義が書いてあって、それは味でもなく金額でもなくジャンルでもなく、

 

 

 

 

 

「客層」

 

 

です。

いい客が来ているかどうかで、人はその店がいい店かどうかを判断するんですね。



 

付き合う前の食事だけの初デートでフレンチに行ってはいけない理由【行くべき店・場所】

で、待ち合わせ時間はいいんですけど、林先生の意見だと初デートでは必ずフレンチに行くらしいんすね。

その理由がフレンチだと対面に向かい合って座って、お互いがじっくりどんなものが好きなのか、どういう食べ方をするのかが、見れるからって言ってたんですけど…。

 

 

 

 

「林先生、全然違います!」
(ナレーターの大政絢さん風に)

 

 

と言いたいですね。

初回デートは、「カウンターのような横並びの席」か「L字型」の席に座らなきゃ駄目ですよ。

 

 

初デートで対面の席なんかに座ったら、下手したら面接みたいになっちゃいますからね。

 

横並びの席に座って相手と距離的に近づくことで、親近感がわくんですね。

というわけで、初デートの食事は8時待ち合わせの横並びの席で、客層が良い店の予約を取っておくことをオススメします!!

 

 

「林先生が驚く初耳学!」で紹介された知恵や雑学が本になってます!


 

 

林修先生の名言まとめ

林修先生の恋愛の名言まとめ「どういう女の子を好きになればいいか」【あすなろラボ】

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

林修氏の名言「1カ月頑張れるかどうかで人生が変わる」【受験・勉強】はコチラ

林修氏の名言『友達は少ないほうがいい』はコチラ

林修先生の絶対に使ってはいけない言葉まとめ【名言・格言】はコチラ

林修先生の名言「仕事に好き嫌いは関係ない」はコチラ

林修先生の情熱大陸での名言まとめ【経歴・妻・年齢・東進・ダイエット】はコチラ

林修先生から高学歴ニートへ送る名言「仕事は『やりたいこと』より『できること』」

林修先生の名言「仕事ができる人の条件は解決する能力と創造力」【初耳学】はコチラ

林修先生が初耳学の発言を訂正「日本から出て行け」ではなく「日本から飛び出していけ」はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です