林修先生の本を100倍楽しく読む方法がすごい!【おすすめの本の読み方・本を読め・読書】




以前テレビで、林修先生が本を100倍楽しく読む方法を語っていたので紹介していきます!

林修先生の本を楽しく読む方法『最初の1ページで判断する』

本の1ページ目っていうのは、物を書く人間が命懸けで書くんですよ。

はじめましての自己紹介でぶつけてくるんで、そこでピンとこないようなものはもういいんですよ、一旦は。

ですからピンとくるんを読んで。

ただ、こういうこともあるんですよ。

こっちに受け止める力がないから「なんだ大したことないじゃないか」と流しちゃったものが、何年か経ったときに「これすげ~!」ってこともあるんですよ。

ですから何回も出会いがあると。

~林修先生の発言を引用~



林修先生の名言『本を読まないやつは大嫌い』読書は自己啓発になる

ほんとに、本というのは『先人の知恵』ですよ。

我々だけでは分からない部分をですね、先輩たちがいろいろ書いてくれる。

だからこれを知らないということは、損なんです。

自分ひとりで考えられる範囲なんて限られてるのに、いろんな人の知恵を借りればいいじゃないですか。

~林修先生の発言を引用~

林修先生の読書方法の感想

●『最初の1ページで判断する』についての感想

これはその通りだと思いますし、僕も近いことをやってます。一応数ページは読みますかね。

冒頭面白くないのに、後半面白くなる作品ってほとんどないんですよね。

デパルマ三世
ミステリー小説だと、前半つまらないのに後半のどんでん返しでがすごいのがたまにあるのですが……。
文芸評論家の福田和也さんも、本は買う前に本屋でパラパラ読んで、面白いかどうか「アタリ」をつけてから購入するそうです。

 

●『本を読まないやつは大嫌い』についての感想

僕は本を読まない人は嫌いってほどではないですが、話が面白い人って、大体たくさん本を読んでますよね。

読書家のほうが知識や話題も豊富だし、自分なりの哲学を持っている人が多い気がします。

デパルマ三世
ごくまれに、ほとんど本を読んでないのに思想が深い人がいて、たとえばプロゲーマーの梅原大吾さんとかですね。
自分の好きなことを徹底的に追求している方は、本を読まなくても真理に到達できるのだと感じました。

これはかなり特殊な例なので、多くの人にとっては本は読まないよりは読んだほうがいいとは思いますが……。

デパルマ三世
あと、読書家の人って小さなことであまり悩まない人が多い気がします!
なぜなら、本の中の人たちが同じようなことで悩んでいるのを知っているので、悩みについて耐性ができてるからです。

 

林修先生のおすすめ本まとめ・文庫【2020年・2019年最新版】

デパルマ三世
林修先生の著作の中でも、特におすすめの4冊はコチラです!









読書好き・本好きにはAudible(オーディブル)Amazonオーディオブックがおすすめ・今なら1冊無料で聴けます


デパルマ三世
Audible(オーディブル)は人気の本を、スマホやタブレットで音声で聴けるオーディオブックのサービスです!通勤通学時間を有効に使い方にはおすすめです!

なら1冊無料体験で聴けますよ

林修先生のおすすめ記事まとめ

林修先生の恋愛の名言まとめ「どういう女の子を好きになればいいか」【あすなろラボ】

林修氏の名言『友達は少ないほうがいい』はコチラ

林修氏の名言「1カ月頑張れるかどうかで人生が変わる」【受験・勉強】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です