世にも奇妙な物語『栞の恋』が泣ける【名作・傑作・感動・感想】




栞の恋の「あらすじ・キャスト(堀北真希・岸部一徳)原作は朱川湊人さん」

時代は1967年。テレビでは「ゴーゴー喫茶が人気」などのニュースが流れている。

加川邦子(堀北真希)は店でサイダーを売ったり、飲み物をバーに持っていたりする仕事をしていて、街を自転車で走り回っていた。

好きなアイドルはミュージックバンド・ダイガースの中で一番背の高いサリー。
実は邦子は、サリーに似ている人を街で見かけていて、その人にサリーとあだ名をつけ、いつか話したいと思っていた。

そんなときサリーが古本屋に入るのを邦子は目撃する。邦子も古本屋(古本屋の店長は岸部一徳)に入りサリーに話しかけようとするが、勇気がなく話せない。
サリーが帰ったあとに読んでいた本を見ると、立ち読みで途中まで読んだ目じるしに「Y.T」と書かれたしおりが挟まれていた。

同じ場所に邦子は「難しい本ですね。K.K」とメッセージを書いたしおりを入れる。
しおりの返事がサリーからきて、二人のしおりを使ったやり取りが始まったのだが…。

原作は、朱川湊人さんの『かたみ歌』に収録されている短編小説です。



 

世にも奇妙な物語『2040年のメリークリスマス』が泣ける【名作・傑作・感動・感想】はコチラ

男女が出会う瞬間が好き

恋愛作品で僕がいつも注目しているのは、その男女がどうやって出会うかなんですね。

男女が出会う瞬間というのは、いつ見ても甘酸っぱい気持ちになり気分が良いです。

本当に偶然の出会いのときもあるし、男性が必死に女性の気を惹くために、あとをつけて偶然の振りをして話しかけたりするシーンを見ると、胸がじんわりと温かくなります。

今回の「栞の恋」では、堀北真希が古本屋で勇気を出して話しかけるかと思いきや、途中でビビって話しかけられず、

デパルマ三世
「話しかけないんかーい!!」

と観ていた人の多くは突っ込んだでしょう。

ただそこで、古本に挟んだしおりを使ったやり取りが始まるんですね。

最高の出会い方じゃないですか!「耳をすませば」の図書館の貸し出しシートの名前を見て出会いが始まるシーンを彷彿させますね。






物語の時代設定を過去にする意味

よく、映画や小説で、戦後とか江戸時代とか、過去の時代を描く作品がありますね。

僕は自分では過去の話は書かないんですが、そういう作品が好きな人も多いですよね(大河ドラマが好きな人とか)

それはやはり、現代では成立しない物語を描くことができるからだと思います。

脚本家の三谷幸喜さんが何かのインタビューで、現代劇だと臭いセリフを書くのが恥ずかしいが、昔の時代の設定ならば臭いセリフも書ける、と言っていたのが印象的でしたね。

今回の「栞の恋」は1967年という設定なんですが、そうしなければらならない理由があるんですね。

というのも、古本屋でしおりを使って男女が伝言をやり取りする、という話なので、現代の設定でもギリギリできないことはないんですが、

 

「だったら携帯の番号か、LINEのIDをしおりに書いておけばいいじゃん。それで一発じゃん。ちゃんちゃん。はい、二人は出会えました~」

 

で終わってしまいますからね。

携帯もインターネットもあって、フェイスブックもインスタグラムもツイッターもあって、一日中誰かと繋がれる現代は、ロマンチックが消えてしまってきています。

そういう意味で、現代の設定では、もどかしいセンチメンタルな恋愛を描きづらいんですね。

ただもちろん、現代には現代の恋愛の形があります。

近いうちに僕は、それをきちんと小説に仕上げたいと思っています。

 

世にも奇妙な物語オススメはコチラ

世にも奇妙な物語【感動・泣ける系】オススメまとめ

『世にも奇妙な物語』感動名作ランキングまとめ【泣ける・人気・あらすじ】はコチラ

世にも奇妙な物語『相席の恋人』が泣ける【名作・傑作・感動・感想】はコチラ

世にも奇妙な物語『回想電車』が泣ける【名作・傑作・感動・感想】はコチラ

世にも奇妙な物語『過去からの日記』が泣ける【考察・感想・感動・名作・傑作】はコチラ

世にも奇妙な物語『夢を買う男』が泣ける【名作・傑作・感動・感想】はコチラ

世にも奇妙な物語『親切成金』が泣ける【名作・傑作・感動・感想】はコチラ

世にも奇妙な物語【コメディ・笑い系】オススメまとめ

世にも奇妙な物語名作ランキングまとめ【コメディ・お笑い・最高傑作】はコチラ

世にも奇妙な物語『AIRドクターが面白い』【名作・傑作・コメディ】はコチラ

世にも奇妙な物語『夜汽車の男が面白い』【名作・傑作・コメディ】はコチラ

世にも奇妙な物語『来世不動産』が面白い【名作・傑作・コメディ】はコチラ

世にも奇妙な物語『ファナモ』が面白い【名作・傑作・コメディ】はコチラ

世にも奇妙な物語『BLACK ROOM』が面白い【名作・傑作・コメディ】はコチラ

世にも奇妙な物語【ホラー・怖い系】オススメまとめ

世にも奇妙な物語『おばあちゃん』が怖い【名作・傑作・ホラー】はコチラ

世にも奇妙な物語『23分間の奇跡』が怖い【名作・傑作・ホラー】はコチラ

世にも奇妙な物語『ミッドナイトDJ』が怖い【感想・名作・傑作・ホラー】はコチラ

世にも奇妙な物語の記念すべき第1話『恐怖の手触り』の感想【ホラー・動画観る方法】はコチラ

世にも奇妙な物語【その他】

世にも奇妙な物語2018年秋の特別篇の放送日程が決まりました【最新・『幽霊社員』佐野史郎&勝地涼】はコチラ

僕が『世にも奇妙な物語』を好きな理由はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です