将棋倶楽部24のレートを上げるのにおススメの本『羽生善治の終盤術』




将棋倶楽部24のレートが1400点前後(2級)で停滞していた時期があって、そこから抜け出せて1800点ぐらいまで一気にレートが上がった際に読んだ本が『羽生善治の終盤術』です。(ちなみに現在の最高レートは2111点です)

『羽生善治の終盤術』は将棋の終盤や寄せのコツを学ぶのにおすすめ・終盤力を上げる

終盤力を上げるには、詰将棋をやるのも大事ですが、それ以外の終盤の場面を学ぶのも重要ですね。

『羽生善治の終盤術』は、羽生善治さんの実際の対戦から指し手が出題されるので、まさに実戦形式ですね。

まだ中盤じゃないかと思うような局面から、一気に寄せを狙っていく凄みを味わえます。

この本の面白いところは、終盤のある場面でどう指すかの問題が出て、それを解いてまだ終わらないんですね。

「じゃあ相手がこう受けてきたらどうしますか」

と問題が何問も続いていきます。

もう勝ったと思ったら、まだ相手が受けてくるので、「受け」の勉強にもなりますね。

実戦でこんな受け方されたら焦るなあと。

まだすぐに詰ますことはできない場面で、どういう風に寄せの構想を立てていくべきかや、攻めるときと受けるときのバランスなども学べます。

「次の一手」で出題されるような派手な手を決めるというよりは、しっかりと確実とした手を積み重ねて、相手の玉を寄せていくイメージですね。

例えば、「王様の守りの金を狙え」という攻めのセオリーがありますが、それを応用して「相手の守り駒で一番強い駒を狙え」というのがあるんですね。

馬を自陣に引きつけて守っている場合は、その馬を狙って攻めるのが、正解になることが多いです。

そういった寄せの考え方を学ぶことができるので、いろいろな場面で応用がききます。

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

『羽生善治の終盤術』がおススメできる段位はどのぐらいか

ただこの本は結構難易度が高いので、将棋倶楽部24では3級以上、近所の道場や将棋ウォーズでは初段以上の方が読んだ方がいいと思います。

この本は1巻から3巻までのシリーズになっていて、できれば3冊とも読んでいただきたいですが、どれか1冊選べと言われれば、難易度や役に立つ度が2巻がバランスが良かったです。




1巻は少し難しすぎるんですよね。

また、この本は一回解くだけではなく、期間を空けて何度も解いてみるのがいいと思います。

僕は何周も繰り返して解いてますが、3か月後に読み直したりするので、同じ問題を何度も間違えてますね…。

というわけで、将棋倶楽部24のレートを上げたい方や、終盤力を鍛えたい方には、『羽生善治の終盤術』をおススメします!





将棋関連記事

将棋倶楽部24で下がってしまったレートを上げる方法【棋力・上げ方】はコチラ

プロ棋士通算対局数ランキングまとめ(羽生善治竜王が通算2000局達成!)はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

将棋の棋士がプロ入りした年齢まとめ【最年少・年齢制限・プロ編入試験】はコチラ

竜王戦について【将棋・日程・賞金・持ち時間・永世竜王】はコチラ

藤井聡太七段が子供の頃に使っていたおもちゃキュボロがすべらない話で話題に






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です