宮竹貴久教授が偏差値39から世界的学者になった理由『日曜日の初見学』林修先生インタビュー・感想




『日曜日の初見学』(2021年8月8日放送)で、偏差値39から世界的学者に宮竹貴久教授のインタビューが放送されます!

宮竹貴久教授が偏差値39から世界的学者になったのはなぜ?林修先生インタビュー・『日曜日の初耳学』2021年8月8日放送・昆虫学の世界的権威・新型コロナウイルス対策・大逆転人生・教科書を変える大発見・琉球大学農学部・九州大学博士・死に真似の研究

デパルマ
偏差値が39だった宮竹貴久教授は、現在では昆虫学の世界的権威となっています!

宮武教授の逆転人生や、教科書を変える大発見について、林修先生が質問していきます!

経歴など

宮竹貴久教授は、琉球大学農学部を卒業し、琉球大学大学院農学研究科昆虫学専攻修士課程を修了。

その後九州大学で博士の学位を取得します。

人生の転機になったのは……

宮竹貴久さんは昆虫の「死にまね」に興味を持ち、徹底的に研究しました。

そして

 

「死にまねは生きるための能力」

 

ということを突き詰めました!

 

「小さな分野でもトップランナーになると、見える景色が変わる」

 

と宮竹さんは言います。

 

「教科書を作るのが大学の研究」

 

「何をやっているかわからないけれども、いずれ役に立つかもしれない」

 

研究も大事だそうです!

東京芸大首席天才ニートの大西拓磨さんが退学になった理由・以前の林修先生インタビュー・21歳・IQ180・渋谷のネットカフェで生活・上野動物園の壁画のパンダの絵

デパルマ
IQが180ある大西拓磨さんは、東京藝術大学を首席で合格したのにわずか半年で懲戒退学になってしまいます。

退学になった理由は、度重なる芸術的ないたずらが原因でした。

デパルマ
そして現在は天才ニートとして、渋谷のネットカフェで生活しています!

上野動物園の壁の汚れを落としただけで描いたパンダの絵は、大きな話題になりました!

 

「面白い人間になれない人は、面白いものを作るしかない」

 

と、大西拓磨さんは言います。

デパルマ
社会とコミュニケーションをとるために、芸術は最後の砦になっているそうです!

林修先生の仕事論・高学歴ニートなどおすすめ記事まとめ

林修先生から高学歴ニートへ送る名言「仕事は『やりたいこと』より『できること』」

林修先生の名言「仕事に好き嫌いは関係ない」はコチラ

『林先生の初耳学!』Amazonレビューの見極め方・値引き商品を見つけるお得情報・林修先生・放送内容・感想はコチラ

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

林修先生の絶対に使ってはいけない言葉まとめ【名言・格言】はコチラ

林修先生の名言「仕事ができる人の条件は解決する能力と創造力」【初耳学】はコチラ

林修氏の名言「1カ月頑張れるかどうかで人生が変わる」【受験・勉強】はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です