林修先生の『初耳学!』の名言「正義感でアホと戦ってはいけない」




『林先生が驚く 初耳学!』の2018年2月11日放送回(今から一年ぐらい前ですね)での、林修先生のアホな人への対処の仕方の名言を引用して紹介していきます。

この回の参考文献は、『頭に来てもアホとは戦うな!』田村耕太郎著ですね!

林修先生から高学歴ニートへ送る名言「仕事は『やりたいこと』より『できること』」はコチラ

『林修先生はなぜ“消えない”のか』文春オンラインの記事の感想はコチラ

林修先生の名言「アホな人の特徴はヒマなこと」



この本の中では、やり返したくなるような目障りで不条理でしつこく攻撃してくる敵のことをアホと表現しています。

実際、現実社会においては、アホの方が出世するということもよくある話で…。

正義感が強い、能力のある人格者って意外と人に足を引っ張られて、無難にやってる人がすーっと上に行くことも珍しくはないですね。

ではいったいそういうアホな人の特徴は何かというとですね。

 

①あなたに強い関心がある

②暇である

 

暇っていうのは、本当に最大の敵ですよ。

小人閑居して不善を成す(しょうじんかんきょしてふぜんをなす)

と言います。

「小人」の反対語は「君子」なんです。

「つまらない人間は、暇にしておくとろくなことをしない」と。

 

~『林先生が驚く 初耳学!』の2018年2月11日放送回~より引用

【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

林修先生の名言「人間のかかわり方は3通りしかない」

これを基に僕はさらに分析を進めているのが、人間のかかわり方は3通りしかないんです。

 

忙しい ― 忙しい  (忙しい人同士のかかわり)
忙しい ― ヒマ   (忙しい人とヒマな人とのかかわり)
ヒマ ― ヒマ    (ヒマな人同士のかかわり)

 

トラブルが起きるのは、ココだけ(忙しい ― ヒマ)です。

こっちは忙しいのに向こうはヒマで、こっちに対する攻撃時間はたっぷりある。

こんなもの、絶対に負けるんです。だって向こうの方が攻撃時間たっぷりあるんですから。

 

Q.でも先生、本当にムカついた時は、どうしたらいいんですか?

まあこれはまた別の専門家がおっしゃってたことですけれども、

怒りのピークはせいぜい6秒だと。

だからこの6秒を何とかやり過ごせば、そういう怒りにまかせた衝動的な行動をとらずにすむと。

 

Q.でもなんか悪いのに、それで戦わないっていうのは、なんかちょっとこう、これまたちょっとプライドが傷つけられたというかね。

でもプライドが傷つけられたとか、メンツを潰されたとか思ってるのはたぶん本人だけで、意外と周囲は気付いてないことも多いんですよね。

 

~『林先生が驚く 初耳学!』の2018年2月11日放送回~より引用

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】はコチラ

林修先生の名言。目指すべきは「無敵」

僕はいつも思っていることですけれども、やっぱり目指すは「無敵」でありたいです。

無敵っていうのは、「どの戦いに挑んでも勝てる」ではなく、もうあの人と戦うと勝てないなと思われている。

相手が戦いに挑んでこない。

こういうのが一番理想だなと。

 

~『林先生が驚く 初耳学!』の2018年2月11日放送回~より引用

林修先生の『初耳学!』の恋愛の名言「初デートの開始時間は8時からが正解!」はコチラ

林修先生の名言の感想

格闘漫画の「バキ」シリーズで、渋川剛気先生っていう達人が出てくるんですけど、達人までくると、強い相手と戦って倒すのではなくて、強い相手にそもそも出会わないっていうエピソードがあって。

強い相手がいる場所に行こうとすると、目の前にでっかい壁の幻想が現れたりして、前もって危険な場所に行かないようにしてくれるんですね。

まあ結局、渋川先生は好奇心旺盛なので、危険と分かっててもその場所へ行っちゃうんですけどね。

正義感で戦っても損、というのは本当に、僕は人生で何度も味わってきましたね。

子供の頃から今に至るまで、いろいろ嫌な奴と戦ってきたんですけど、はっきり言って疲れますよね。

戦うと相手にもダメージを与えられますが、こっちもダメージを受けますので。

あと分かったんですけど、自分の周りにいる嫌な奴をなんとか一人倒すとしますよね。

すると、シロアリみたいに、また次から次へと嫌な奴って出てくるんですよ。

世の中って嫌な奴が、とんでもなくたくさんいるんですよ。

こんなの全員相手にして戦ってたら、時間がいくらあっても足りない。

だから基本的にはあまり関わらわないようにして、仕事とかでどうしても関わらなきゃいけない時も、最低限のコミュニケーションだけ取ってやり過ごすというね。

世の中にはいい人も、ごくたまにいますので(ガリガリ君が当たる確率くらいで)、そういう人と過ごす時間を大切にしていきたいですね!

 

今回の参考文献『頭に来てもアホとは戦うな!』田村耕太郎著



【2019年最新】Amazonプライム会員特典・メリットまとめ【3年以上実際に使ったレビュー】はコチラ

【2018年】Amazonで買って良かったものまとめ【男・ガジェット・おすすめ】はコチラ

林修先生の関連記事まとめ

林修先生の名言「仕事ができる人の条件は解決する能力と創造力」【初耳学】はコチラ

林修先生の『初耳学』の名言「バレンタインの手作りチョコは温度を上げて変形しただけ」はコチラ

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

林修先生の絶対に使ってはいけない言葉まとめ【名言・格言】はコチラ

林修先生が初耳学の発言を訂正「日本から出て行け」ではなく「日本から飛び出していけ」はコチラ

林修先生の恋愛の名言まとめ「どういう女の子を好きになればいいか」【あすなろラボ】

林修氏の名言『友達は少ないほうがいい』はコチラ

欽ちゃん(萩本欽一)の名言「好きでもない仕事に就いた人に名人が多い」はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です