村上春樹氏の名言「もし他人と違う人間になりたいなら…」【おすすめ】




作家の村上春樹さんが読者からくる質問にメールで答えていたことがあって、その内容がまとめて本になっています。
(『そうだ、村上さんに聞いてみよう』『これだけは村上さんに言っておこう』『村上さんのところ』…。僕が持っているのはこの3冊ですが、ほかにも『ひとつ、村上さんでやってみるか』という本もありますね)

それにしても、村上春樹のエネルギーはやはり半端ないですね。こんなに大量のいろいろな角度からの質問に無償で答えようなんて、なかなか思わないですよね。

この本の中に、名言がたくさん出てきますので、いくつか引用していきたいと思います。

村上春樹氏の名言「人生においていちばん大事なのは…」【おすすめ】はコチラ

 

僕は成人式には出ませんでした。式と名のつくものがなにしろ嫌いだからです。卒業式、結婚式、葬式、(よほどの事情がないかぎり)まったく出ません。自分の結婚式だってやらなかった。成人式、まあ出る出ないは個人の自由だけれど、はっきり言って出たっていいことなんかないですよ。それよりはおいしいものでも食べて、のんびりして、自分の頭でものを考えましょう。

 

もし他人と違う人間になりたいと思ったら、なるべく他人とは違うかたちの情報を摂取するようにすればいいと思います。

 

長編小説も終盤の追い込みに入ると、一日に14時間くらいはぶっつづけで書いています。こうなると一種のトランス状態で、イタコ状態で、ほとんどものは食べない、あまり眠らない、という生活サイクルに入ります。それが一週間以上つづきます。けっこう大変なのです。完全に肉体労働です。だからそのために、僕は身体をせっせと鍛えているのです。

 

面白そうな英米の翻訳小説を買ってきて半分読んで「面白い!」と思ったら、その続きを英語の原文で読むといいです。わりにすらすらと読めるはずです。小説って、その世界に入って行くまでがむずかしいので、いったん入ってしまうとあとはけっこううまくいくものです。

 

大事なことは自信を持つことではなく、自分の長所と自分の欠点を、できるだけはっきりと客観的に自覚することだと思います。

 

長編小説を書くのは、フルマラソンを走るのに似ているかもしれません。走っているときは、そりゃ苦しいです。「何のためにこんな苦しいおもいをしなくちゃらないんだ」とつくづく思います。身を削るような思いです。でも42キロをいったん走り終えると、「ああ、やっぱり走ってよかったな」と思います。そしてとても幸福な気持ちになれる。

 

娯楽小説ではないというのは、言い換えれば、作者が読者に対してある種の、ある程度の努力を要求することだろうと僕は考えています。言うなれば、咀嚼力を要求するということです。

 

そうか、三十後半で「年をとったな」と思うんだ。僕はその年代は生きることに忙しくて、そんなことを考える暇もありませんでした。自分の老化にがっかりすることはあるか? とくにがっかりはしないですね。年をとることには、それなりにメリットもあるからです。失うものもあれば、得るものもあります。失うものより得るものを少しでも多くしなくちゃ、というのが僕の目下の課題です。

 

情景描写と心理描写と会話、というのがだいたいにおいて、小説にとっての三要素みたいになります。この三つをどうブレンドしていくかというのが、小説家の腕の見せ所です。スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』が、そういう点において、僕の教科書になりました。

 

ずいぶん生意気なことを言うようで、僕としてもいささか気が引けるのですが、あえて思い切って言わせていただけるなら、賞をひとつもらったくらいで、生き方や書き方のスタイルが変わっているようじゃ、小説家をやっている意味なんてなにもありゃしません。

 

こんなことを言うとあるいはまた馬鹿にされるかもしれませんが、規則正しく生活し、規則正しく仕事をしていると、たいていのものごとはやり過ごすことができます。誉められてもけなされても、好かれても嫌われても、規則正しさがすべてをうまく平準化していってくれます。本当ですよ。だから僕はできるだけ規則正しく生きようと努力しています。朝は早起きして仕事をし、適度な運動をし、良い音楽を聴き、たくさん野菜を食べます。それでいろんなことはだいたいうまくいくみたいです。試してみてください。

 

小説はすぐには役に立たないけど、長いあいだにじわじわ役に立ってくる。

 


kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)は読書家におススメ【 Prime Readingとの違い】

村上春樹氏の名言「一日は二十三時間しかないんだと決めて生きています」

村上春樹氏のアイデアの育て方~村上RADIO~秋の夜長は村上ソングズで~はコチラ

村上春樹氏のアイデアの浮かび方【ET方式の小説の書き方】はコチラ

村上春樹の短編の書き方【一筆書き・三日・実験・怪しい文章・楽しい】はコチラ

村上春樹氏のキャラクターの作り方【小説・登場人物】はコチラ

村上春樹氏の情景描写の書き方はコチラ

人生を楽しむマニュアルまとめ【名言・努力・才能・夢・お金・仕事】はコチラ

森博嗣氏の名言「こんなに頑張っているのに、どうして…」はコチラ

森博嗣氏の名言「笑いたまえ。いくら努力しても…」はコチラ

高城剛氏の名言まとめ『好きな言葉は…』はコチラ

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

村上龍『69 sixty nine(シクスティナイン)』の名言「唯一の復しゅうの方法は…」はコチラ

作家がデビューした年齢まとめ(132人版)はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です