羽生善治氏の名言「自分の得意な形にこだわらない」【将棋上達法】




「自分の得意な形にこだわらない」



「棋士として大事にしていることのひとつ。「オールラウンドプレイヤーでありたいと思っている。同時に、ひとつにこだわらない、というのが、私にとってのスタイルだ」

~『捨てる力』羽生善治著、より引用~

羽生さんのすごいところはいろいろあるのですが、タイトル戦などの重要な対局で、いきなり、今まで指したことのない戦型を指すことがあるんですね。

観ているファンはヒヤヒヤしています。それで、負けてしまったりするからです。

いつも使っている得意な戦型で戦う方が勝つ確率が上がるのに、なぜ大事な対局でそんなリスクを取るのか。

それは、目先の勝負にこだわるのではなく、何年も先の勝ちを意識しているからです。

自分の得意なことばかりしていれば、目先の勝率は上がるかもしれません。ただ、数年後にその戦法が相手に対策されてしまったら、一気に全く勝てなくなってしまいます。

新しい戦法を積極的に取り入れることで、そういった未来のリスクを、あらかじめ回避しているんですね。

 

将棋漫画のおすすめ作品を紹介します!【ジャンプ・羽生・奨励会・連載中・感動】はコチラ

羽生善治さんと梅原大吾さんの共通点

そして、この羽生さんと同じやり方をしている人が、他の業界にもいました。

プロゲーマーの、梅原大吾さんです。

梅原大吾さんも、目先の勝ちではなく、長く勝ち続けるために、得意ではないキャラを使ったり、いつもと違う攻めのパターンを使ったりと、意識的に変化を取り入れています

二人の共通点は、挑戦を恐れずに、変化を取り入れて、リスクを取ること。

そして、リスクを取ることで、将来のより大きなリスクを回避すること、を意識的にしているのだと思います。

また、変化をするということは、楽しむチャンスが増える、ということでもあります。

 

羽生善治九段の名言「努力と成果のモノサシ」が忍耐力を生む『捨てる力』はコチラ

将棋でスランプになったら、違う戦法を試してみるのがよい【羽生善治さんの名言】

僕は将棋を指していて、ある程度まで強くなってから(アマチュア二段程度)、スランプになったことがありました。

その時僕は、「四間飛車」という戦法だけをひたすら指していたんですね。

ただ、羽生さんの将棋上達法のアドバイスで、「スランプになったら、いつもと違う戦法を試してみるのがよい」というのがあって、試しに「中飛車戦法」を指してみたんです。

飛車の位置がひとつ違うだけなのですが、まったく違う世界になりました。

もちろんやり慣れていない戦法ですので、初めのうちは負けが続きます。ただ、楽しくて続けていくうちに、だんだん中飛車でも勝てるようになってきました。

そして中飛車だけではなく、「三間飛車」や「向かい飛車」も指すようになって、居飛車戦法という、今まで指していたものとは全く違う戦法も指すようになりました。(小説の執筆で言えば、エンタメと文学ぐらい違います)

その結果、僕はスランプを脱し、棋力を上げることができました。

自分の得意なこと以外をやると、一時的に、負けが多くなります。

ただし、長い目で見れば、新しい世界を知り、自分を成長させることにつながることが多いです。

 

小説執筆にも変化を取り入れることで楽しさが増えた

この考え方は、小説を書くときにも採用しています。

 

1人称で小説を書くのが得意だと分かったら、ときどき3人称で書いてみる。

 

コメディを書くのが得意だったら、ときどきシリアスな話を書いてみる。

 

短編小説ばかり書いていたら、長編小説も書いてみる。

 

エンタメ小説をたくさん書いていたら、文学も書いてみる。

 

意識的に変化していくことで、最初は大変ですが、自分の可能性が広がっていき、楽しさが増えていくのだと思います。




●おすすめ関連記事まとめ

 

広瀬章人八段が竜王奪取!羽生善治さんは27年ぶりの無冠に!31期竜王戦第七局結果速報

プロ棋士通算対局数ランキングまとめ(羽生善治竜王が通算2000局達成!)はコチラ

藤井聡太七段VS増田康宏六段(順位戦対局の感想)二人の天才の対局で何が起こっていたのか!?はコチラ

羽生善治氏の名言「才能とは10年、20年と同じ姿勢で同じ情熱を傾けられる力のこと」

将棋倶楽部24で下がってしまったレートを上げる方法【棋力・上げ方】はコチラ

『3月のライオン』で号泣しまくり【名言・格言】はコチラ

プロ棋士5人VSコンピュータ5台【第2回電王戦について】はコチラ

森博嗣氏の名言「笑いたまえ。いくら努力しても…」はコチラ

森博嗣氏の名言「こんなに頑張っているのに、どうして…」はコチラ

林修氏の名言「人を嫉妬するより…」【嫉妬しない方法】はコチラ

村上春樹氏の名言「人生においていちばん大事なのは…」はコチラ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です